新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 03-5632-3636
歯科コラム

歯科コラム

格安インプラントの治療をする前に見てほしいインプラント治療の費用の内訳

一度施術してしまえば、あとは適切なメンテナンスを施すことで、半永久的に使うこともできるインプラント。たいへん便利なものですが、健康保険の適用外ですから費用がかさむのが気になるところです。1本につき35万円~45万円ほど要します。しかし、歯科医院によって費用に開きがあるのはどうしてでしょうか?格安インプラントを謳った、魅力的な広告もみられます。どうやって治療費を安く抑えているのか、そのカラクリを解き明かすには費用の内訳をみてみる必要がありそうです。

記事全文を読む

一緒じゃないの?素人にはわからないマウスピースとマウスピース矯正の違い

歯列矯正をしていても周囲に気付かれにくく、日常的な不快感も少ないとして、最近人気なのがマウスピース矯正です。矯正用のマウスピースを装着することで、歯を動かして歯並びを整えます。
マウスピースといえば、歯ぎしりの治療などで使用している人もいるかもしれません。一般的なマウスピースと、矯正用のマウスピースの違いを説明します。

記事全文を読む

審美歯科のホワイトニングのモニターでどこまで歯を白く出来るか!?

審美歯科では、歯のホワイトニングが可能です。ですが、審美歯科は一般の人にとってまだまだ馴染みがないものかもしれません。ホワイトニングに興味があっても、いくらかかるかわからない…そんな方には、ホワイトニングのモニターがおすすめです。では、審美歯科のホワイトニングのモニターで、いったいどこまで歯を白く出来るのでしょうか?ホワイトニングのモニターについてお伝えします。

記事全文を読む

子供の矯正をすると大人になってからもバランスの取れた体を作ることが出来る

ゆがんだ歯並びは、体全体をゆがませ、さまざまな疾患を引き起こす可能性があるのをご存知でしょうか。普段あまり意識していないかもしれませんが、歯も骨の一部です。それも、体の中で唯一外部に露出している骨です。この歯がゆがんでいるということは、体全体の骨がゆがんでいる可能性があるというサインでもあるのです。

記事全文を読む

高齢者・要介護者の虫歯がもたらすリスクとは?

子どもの虫歯は要注意、という意識がある方は多いとおもうのですが、高齢者の虫歯に関してはいかがですか?「お年寄りも虫歯になるの?」とあまり考えたことがなかったという方は多いのではないでしょうか。実は、高齢者やお年寄りの要介護者の虫歯というのは、意外と多いのです。そして、虫歯が原因の健康被害というのも、実際数多く症例があることも事実です。高齢者や要介護者の方が虫歯になってしまうとどのようなリスクがあるのか知ることで、家族や自分自身の今後のケアの必要性なども考えてみることが大切です。

記事全文を読む

義歯と総入れ歯だとどちらが生活しやすいのか?

歯がなくなったときに人工歯で補う治療法として、義歯があります。総入れ歯(総義歯、全部義歯)と部分入れ歯(部分義歯)の2つの種類があります。
総入れ歯は、全ての歯を失った時に使う入れ歯です。歯茎全体を覆うように装着します。 部分入れ歯は、歯が残っている場合に部分的に装着する入れ歯で、残っている歯を土台にしてクラスプ(バネ)で固定します。1本でも天然歯が残っていれば、部分義歯を使用することになります。

記事全文を読む

症状別・あなたが行くべき歯医者の選び方

歯の悩みといっても、「虫歯が痛い」というもののほかに、例えば「歯が黄ばんでいるからキレイにしたい」「歯並びが気になる」「前に治療した歯の調子が悪いので、セカンドオピニオンで別の歯科に行きたい」「歯周病かもしれない」……というように、症状によってさまざま。しかし、1つの町内に何軒も歯科医院が乱立している昨今でも、症状によってどこの歯医者さんに行けばいいのか判断できる人は少ないのでは。ここでは、大まかな症状別に歯医者さん選びのポイントを紹介します。

記事全文を読む

歯医者にとって困った患者さんとはどういう患者さん?

医療には診療応対義務といって、どんな患者さんも拒めないという義務があります。しかし歯医者さんも人の子。ときには「こんな患者さんは困る」ということもあります。歯医者さんにとって困った患者さんとはどんな人たちなのでしょうか。

記事全文を読む

まるで本当の自分の歯みたい!インプラントが選ばれる理由

まるで本当の自分の歯みたい!

最近よく耳にする、「インプラント」。入れ歯やブリッジをしたという話よりも、インプラントをしたという話をよく聞くようになったのではないでしょうか。費用面で考えれば、入れ歯やブリッジよりも高額な治療費がかかるインプラントなのですが、それでも選ばれる、「やってよかった。」という理由が、インプラントにはあるのです。

記事全文を読む

輝くような歯にしたい人!本物のホワイトニングが出来ますよ!

人前で話す仕事をしている女性アナウンサーがだいたいS14くらい

輝くような白い歯、具体的にどのくらいの白さなのでしょうか?ホワイトニングの際の色味を図るためのシェードガイドというものによると、歯の白さがS2~S40に数値化されています。人前で話す仕事をしている女性アナウンサーがだいたいS14くらいで、日本人の平均的な歯の色はS30~S32のようです。
歯の白さの目安は、以下の通りです。
S14以下=「歯が白い」という印象を与える
S16~S30=歯の色についての印象を与えない
S32以上=「歯が黄色い」という印象を与える

歯が黄ばんでいると、清潔感がない印象になります。ぜひ輝くような白い歯を保ちたいものです。

記事全文を読む