電話番号 03-5632-3636
診療案内

成人矯正装置

矯正装置

目立たない矯正装置、違和感の少ない装置も取り扱っています

多くの方が矯正治療を踏みとどまってしまう理由として、「装置が目立つ」「ずっと装置を付けるのはストレス」といったようなものがあります。

ですが、最近ではこのような問題を払拭するような矯正装置が充実してきており、昔と比べて快適に、気軽に矯正治療を受けていただくことができるようになりました。

これまで歯並びが気になっていて矯正治療をあきらめていた方も、ぜひ一度ご相談ください。

当院で取り扱っている成人矯正装置

ご希望に合った矯正装置を選んで頂けます
ご希望に合った矯正装置を選んで頂けます

目立ちにくい矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン®)

インビザライン®

取り外し式のマウスピースを装着するだけで矯正治療が行えるシステムです。当院では、世界的にも人気の高い「インビザライン®システム」を採用しています。

インビザライン®で使用するマウスピースは、医療用の薄い透明なプラスチックで、装着していても周囲に気づかれることはほとんどありません。

食事や歯磨きの際には外すタイプの装置ですので、従来の方法のようなストレスや不便さとも無縁です。

リンガルシステム(裏側矯正)

裏側矯正

歯の裏側に固定式の装置をつけて行う方法です。裏側矯正、舌側矯正とも呼ばれています。歯の裏側に装置がつくので、全く装置が表から見えることはありません。また、歯の内側は唾液の流れの良いので、虫歯にもなりにくいという利点があります。

オールマイティな目立ちにくい装置

ラディアンス(表側矯正)

ラディアンス

表側矯正というのは、通常よく行われているオーソドックスな矯正法で、歯の前面に装置がつくものです。これはほとんど、どんな症例でも対応することができます。

当院で取り入れている「ラディアンス」は、歯の表面に装着するブラケットの一種で、無色透明な単結晶サファイアでできていて、目立ちません。汚れを寄せ付けにくく、よくあるプラスチックブラケットのように黄ばんだりすることもありません。

通院頻度、治療期間について

矯正治療は、定期的に装置の交換、調整が必要です。一般的に通院の頻度はだいたい3〜4週間に1回程度です。インビザラインの場合だと、多少通院間隔が広めで、4〜6週間に1回くらいになることが多いです。

治療期間は、全体的な矯正治療の場合だと、症例に応じて1〜3年くらいの幅があります。矯正期間については、精密な診査を行い、診断した後、詳しくご相談させていただきます。

矯正治療期間中の注意事項

注意事項
<食 事>
マウスピース矯正以外の矯正治療(ブラケットとワイヤーが付く矯正法)の場合、装置の破損、脱落を防ぐため、硬い食べ物、粘着性の高いものは控えるようにしてください。

<歯磨き>
インビザライン以外の矯正法は、装置周囲に汚れが蓄積しやすく、取り除きにくいため、虫歯を予防するために念入りなブラッシングが必要です。磨き方は患者様に応じた方法を歯科衛生士が丁寧にご指導いたしますので、その通りに行ってください。

<装着時間>
インビザラインのマウスピースはご自分で脱着していただきますが、毎日最低20時間装着しないと効果が現れません。そのため装着時間は毎日しっかりと守るようにしてください。
また、矯正治療後に装着する保定装置も、きちんと装着しなければ、だんだんと歯が後戻り現象を起こしてしまい、歯並びが乱れてしまいますので、こちらも忘れずに装着するようにしましょう。

<痛み・トラブルなど>
装置やワイヤーがお口の粘膜や歯茎に当たって痛い場合や、装置が外れたり壊れてしまったりするようなことがありましたら、なるべくお早めにご連絡をください。

小児矯正についてはこちら