新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 03-5632-3636
診療案内

オールオン4

食事風景

歯が全部なくても、少ない本数のインプラントで早期に噛めるように

歯をほとんど、もしくは全て失うと、入れ歯を入れるしかないと思われていることが多いですが、インプラントで治療する方法というのも不可能ではありません。

ですが、全ての歯をインプラントで補おうとすると、かなりの本数のインプラントを埋めなければならないため、体への負担や費用の上での負担がかなりかかってしまいます。

でも、All-on-4というインプラント法なら、たとえ歯を全て失っていても、お体や金銭面での負担を最小限に抑えつつ、早期に噛めるようにすることができます。

All-on-4とは

オールオン4の構図

欧米の歯科界では、10年以上前から患者様の負担(治療期間や大きな外科処置、治療コストなど)をできるだけ軽減するためのインプラント術式が注目され始めていました。

All-on-4は、上あご、または下あごそれぞれに4〜6本のインプラントを埋めて、全体的に噛むことを可能にした技術です。

また、インプラントを埋めたその日に固定式の歯を入れ、噛めるようになったのも大きな特徴です。

All-on-4はこんな方にオススメ!

総入れ歯の方
総入れ歯が合わずに悩んでいる方、もしくは問題なく使えている方でも、All-on-4なら人工歯をインプラントで固定することで、より快適、そしてよりしっかりと噛めるようになります。

歯を全て失った方
All-on-4なら、歯を全て失っても、最少本数4本という少ない本数のインプラントで全体的な人工歯を支えることができます。

歯がボロボロの方
虫歯で歯が全体的にボロボロの場合、状態の悪い歯を無理にそのままにしておくより、抜いてAll-on-4のインプラントをたてて人工歯を入れる方が、しっかりと噛めるようになりますし、審美的です。

顎の骨が少ない方
All-on-4なら、骨が少なくなってしまっているケースでも、骨のある位置を選んでインプラントを埋め込んで人工歯を支えることができますので、過去にインプラントを断られたことのある方でも治療ができる可能性があります。

All-on-4のメリット

メリット

負担が少ない

歯が全くない場合、従来のインプラントだと、埋め込むインプラントの本数が多過ぎてしまい、体の負担や金銭的負担を考えると、あまり現実的ではありませんでした。

でも、All-on-4なら、片顎わずか4本〜6本というインプラント本数で、全体的に噛めるようになるので、手術時の体の負担や、金銭的負担をかなり抑えられます。

固定式なので違和感が少ない

All-on-4は、埋め込んだインプラントが連結した人工歯をしっかりと固定しますので、入れ歯のように動いたり、外れたりすることがありません。

また、総入れ歯のように広い面積で粘膜を覆う必要がなく、人工歯の面積が小さいため、違和感が少なく、快適です。

見た目が自然で美しい

All-on-4の人工歯は連結していますので、全体的にバランスの整った美しい見た目にすることができます。また、歯を失ってボリュームを失った骨の厚みなどもプラスチック部分で回復してくれますので、唇の張りをだし、若々しい見た目にすることができます。

その日のうちに固定式の歯が入る

All-on-4では、インプラントを埋め込んだその日に固定式の仮歯を入れることができます。All-on-4の場合、骨がしっかりと残っている場所に長めのインプラントを傾斜して埋め込むことで、より強固な固定が得られるため、このようなことが可能となるのです。

All-on-4の注意点・デメリット

デメリット

手術が必要

All-on-4は少ない本数でできるインプラントですが、やはりインプラント手術は必要です。手術が苦手な方や持病の関係で手術ができない方には向きません。

骨の状態によっては不可能なケースもある

All-on-4は、骨が痩せてしまっているケースにも広く対応できるインプラント技術ですが、極端に骨がなくなってしまっているケースに対しては行えない場合もあります。

骨が少なくても少ないインプラント本数で安定が得られる理由

妊婦

歯が失われたり、歯周病が進行したりすると、歯を支えていた歯槽骨はだんだんと吸収して減っていきます。

そうすると、インプラントをそのまま埋めるのが困難になっていきます。

例えば、上あごには「上顎洞」とよばれる空洞があり、下あごには下顎管とよばれる神経や血管の通り道があるので、歯槽骨がなくなると、インプラントをそのまま埋めると、そのような大事な組織を傷つけたり、インプラントが突き抜けてしまったりする恐れがあります。

ですが、骨が比較的残っている部分というのはあるものです。
All-on-4の場合、そのような骨が比較的残っている部分に、長めのインプラントを30-45°傾斜させて埋入することにより 下顎で4本、上顎で4-6本という少ないインプラント本数でも人工歯を支えることが可能になるのです。

症例

症例
主訴
入れ歯の様子が悪く食べ物をよく噛めない
下の歯がグラグラする

最終補綴物装着

最終補綴物装着

最終補綴物装着後パノラマX線

最終補綴物装着後パノラマX線

インプラント料金

CT(片顎)のみ ¥15,000
診査代(CT、レントゲン、模型診査) ¥50,000
静脈内鎮静法 ¥80,000
GBR(骨造成) ¥100,000
ソケットリフト ¥100,000
サイナスリフト(1歯) ¥200,000
サイナスリフト(2~3歯) ¥250,000
サイナスリフト(4歯) ¥300,000
インプラント埋入 ¥250,000
上部構造前歯部(上下3~3) ¥200,000
上部構造臼歯部 ¥160,000