電話番号 03-5632-3636
診療案内

入れ歯・義歯

入れ歯

よく噛める入れ歯、快適な入れ歯をお探しですか?

入れ歯は、歯を補う治療の中では最も古くから行われている治療法で、どんな状態にも対応できることから、多くの人に選ばれています。

入れ歯は、「動く」「噛めない」「違和感がひどい」というような悪いイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、最近ではそのような欠点を持たない多種の入れ歯が開発されており、入れ歯でも快適に使えるようになってきています。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯には保険適用のものと自費のものがありますが、大まかな違いは次のようになります。

保険の入れ歯
保険の入れ歯

保険の入れ歯の最大の魅力は治療費を安く済ませられることです。部分入れ歯と総入れ歯があり、部分入れ歯の場合には、入れ歯を安定させるための歯にかかる金具(クラスプ)がつきます。

構造がシンプルなので、修理が簡単に行えるというのも利点です。ですが、使える材質があらかじめ決まっているため、見た目に問題が出る場合や、耐久性、快適さの面でも満足が得られない場合もあります。

そのため、より快適で、見た目の良い、長持ちする入れ歯をご希望の方は、自費の入れ歯を選んでいただくことをおすすめします。

自費の入れ歯
自費の入れ歯
自費の入れ歯のネックは高額になってしまうことですが、より良い材質を使用し、より時間をかけた丁寧な治療が受けられるため、より患者様のご希望に細かく応じた、オーダーメイドの満足度の高い入れ歯にすることができ、長く快適に使っていただくことができます。

当院で取り扱っている自費の入れ歯

金属床義歯(コバルト・チタン)

金属床義歯

薄くて違和感が少なく丈夫、食べ物の温度がわかりやすい!

金属床(きんぞくしょう)義歯というのは、通常、保険だとプラスチックで作られる内側の部分が金属でできているものです。プラスチックに比べて強度に優れるため、入れ歯を薄くでき、違和感を少なくすることができます。

また、金属は温度を伝えますので、食べ物の温度をより感じことができます。金属は割れないので、丈夫なのも魅力です。

コバルトとチタンのどちらかをお選びいただきますが、チタンの場合は軽くて金属アレルギーを起こしにくいことなどから特におすすめです。

レジンソフトタイプ

レジンソフトタイプ

入れ歯で歯茎が痛くなりやすい方におすすめ!

保険の入れ歯の材質はプラスチックですが、歯茎にピッタリと合っていればよく吸着しますし、痛みが起こることはありません。

でも、なかにはどんなにピッタリ合った入れ歯であっても、外れやすかったり、痛みを感じやすかったりする方がいらっしゃいます。

レジンソフトタイプの入れ歯は、入れ歯の内面にやわらかめの材料を使用することで、吸着力がアップ、痛みを感じにくくすることができ、しっかりと噛めるようになります。

磁性アタッチメント義歯

磁性アタッチメント義歯

強い固定で外れにくく、しっかりと噛める!

残っている歯と入れ歯の内面に磁石を装着し、両者が磁力でくっつくことで強い維持力を発揮します。それゆえ、部分入れ歯の場合にも健康な歯に金具をかけて見た目が悪くなることがありません。

入れ歯が強力に固定されるため、しっかりと噛むことができ、動いたり落ちたりすることもありません。

ノンクラスプデンチャー

磁性アタッチメント義歯

金具がない!自然な見た目の部分入れ歯

歯にかかる金具(クラスプ)がつかない部分入れ歯です。特殊な素材を使うことで、保険の入れ歯では必須だった、健康な歯にかかる金具を使うことなく、入れ歯を安定させられます。

装着感も良く、何より見た目が自然ですので、若い方からご高齢の方まで人気のある入れ歯です。

入れ歯も定期的に検診を

入れ歯も定期的に検診を

入れ歯はご自分の歯とは違って定期検診はいらないと思われがちです。そのため、特に総入れ歯の方だと、入れ歯がなじんだら、壊れるまで歯医者に行かない人も多く見られます。

ですが、入れ歯も天然歯と同様、定期的なチェックをすることが大切です。入れ歯も使っていくうちに、だんだんと人工歯がすり減ってきますし、骨が痩せてしまうことで歯茎も痩せてしまい、入れ歯と粘膜の間に隙間がでてきます。

そうすると、だんだんと合わなくなって、外れやすくなったり、食べ物が入れ歯と歯茎の間に入って痛みを出したり、あごの骨がさらに痩せてしまったり、壊れてしまったりする原因にもなります。

定期的な検診を受けてメインテナンスをすることで、入れ歯を不便なく使い続けることができますし、長く持たせることも可能です。ぜひ、入れ歯も定期検診を受けるようにしましょう。