新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 03-5632-3636
診療案内

親知らず

親知らず

親知らずのトラブル対処、抜歯を行います

親知らずの痛みや歯茎の腫れ、といったトラブルに対する対処、親知らず抜歯を行います。親知らずは他の歯とは違い、きちんと生えないことが多く、トラブルを起こしやすい歯です。ですが、早め早めの対処をすることで、辛い症状を出さないようにすることも可能です。

親知らず

親知らずとは
親知らずは、一番最後に生えてくる歯で、前から数えると8番目に位置する歯です。だいたい18歳前後くらいから生え始める人が多く、30代くらいになってから生えてくる場合もあります。一方で、埋まり方によってはずっと生えてこない場合もありますし、中途半端な位置で止まってしまう場合も多くあります。また、もともと親知らずがない人もいます。

他の歯と同様にまっすぐきれいに生える場合には、特にトラブルを起こさず、問題にならないこともありますが、現代人は顎が小さくなってきているため、きれいに生えないケースも少なくありません。

既に問題を起こしている、もしくはこれから問題を起こす可能性が高い場合には、早めに抜歯をすることをおすすめします。

こんな親知らずは抜歯がおすすめ

虫歯ができている

虫歯ができている
親知らずはかなり奥に位置しているため、磨き残しが出やすく、虫歯ができてしまうケースが多くあります。小さな虫歯であれば、削って詰める治療も不可能ではありませんが、親知らずの場合、一度虫歯になってしまったケースは再発する可能性も高いため、虫歯リスクが高い場合には、痛くないうちに抜歯をおすすめします。

歯茎が炎症を起こしている

歯茎が炎症を起こしている
歯ブラシが届きにくい位置であることや、中途半端な生え方をすることが多いことから、歯茎の炎症を起こすことがよくあります。ひどく腫れてしまってからでは抜くのが大変になりますので、あまりひどくないうちの抜歯がおすすめです。

歯並びをずらしてしまっている

歯並びをずらしてしまっている
親知らずが生えようとして手前の歯を押すような力がかかる場合、歯並び全体をずらしてしまうことがあります。そのような場合、できれば歯並びをずらす前に早めに抜くのが理想です。

中途半端な位置で止まっている

中途半端な位置で止まっている
親知らずの位置が悪く、少しだけ頭を出したまま出てこない、感染を起こすリスクがある、というような場合にも、トラブルを起こす前の抜歯がおすすめです。

痛みを出している

痛みを出している
虫歯や歯茎の炎症で痛みを出している、もしくは親知らずがお口の粘膜に当たって口内炎を作ってしまうような場合、悪化する前に対処しましょう。

顎関節症を起こしている

顎関節症を起こしている
親知らずの位置によっては噛み合う歯との位置関係により、顎関節症を引き起こすことがありますので、そのような場合にも抜歯をおすすめします。

親知らずの抜歯をなるべく痛くなくするためには

トラブルを起こす前に抜歯する

トラブルを起こす前に抜歯する
親知らずの抜歯は、痛みや腫れなどの症状がない時に行う方が、治療中も治療後も痛みが出にくくなります。そのため、「痛くなってから」ではなく、痛みのないうちに早めに対処しておきましょう。特に女性の場合、妊娠・出産のタイミングで痛くなっても、なかなか抜くことができなくなりますので、早いうちがおすすめです。

できるだけ若い時に抜歯する

できるだけ若い時に抜歯する
若い時に抜く方が、骨に弾力性があって抜けやすい、また、抜歯後の症状も若いうちの方が回復力があるため、早く治りやすい傾向があります。あまり後回しにせず、できるだけ若いうちに抜いておきましょう。

口腔外科のドクターがいる歯科で抜歯する

口腔外科のドクターがいる歯科で抜歯する
親知らず抜歯は、埋まり方や歯の形などによっては非常に難しいケースもあります。当院には親知らず抜歯の専門でもある口腔外科のドクターが在籍していますし、親知らずの状態を正確に診断できるCTスキャンなどの設備も整っています。ぜひ安心してお任せください。