新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 03-5632-3636
診療案内

口内炎

口内炎

口内炎は歯医者で治療できます

口内炎というのは誰もが経験する、ごくありふれたものですが、口内炎ができた時、皆さんはどうされていますか?おそらく大半の方は治るまでひたすら待つか、市販の塗り薬などで対処されているのではないでしょうか。

ですが、口内炎は一度できると治るまでにしばらくかかりますので、その間痛みで憂鬱な気分になったり、食事が不便になったりして、あまり気分がいいものではありませんね。

実は、口内炎というのは歯科で治療が可能なのをご存知でしょうか?早めに歯科にかかることで早く快適な生活を取り戻すことができますので、ぜひ辛い症状を我慢せずにご相談ください。

こんな親知らずは抜歯がおすすめ

口内炎と言っても、実はいろいろな種類があります。ですが、実際、通常はアフタ性口内炎と呼ばれるものがほとんどを占めますので、これについての原因をご紹介します。

免疫力低下

免疫力低下
ストレスや疲れ、体力の低下に伴い免疫力が低下すると、皮膚や粘膜に炎症を起こしやすくなりますので、口内炎もできやすくなります。

栄養不足

栄養不足
偏った食生活など、栄養バランスの悪化などに伴い、主にビタミンB群や鉄分の不足が起こると、口内炎ができやすくなると言われています。

唾液の減少

唾液の減少
唾液は普段、お口の粘膜を保護する役割も果たしています。なんらかの原因で唾液の分泌が悪くなったり、お口の中が乾き気味になったりすると、唾液がうまく粘膜を保護できずにちょっとしたことで口内炎を起こしやすくなります。

口内の不衛生

口内の不衛生
お口の中の衛生状態が良くないと、細菌が大量に繁殖してしまい、ちょっとした粘膜の傷に細菌感染を起こして口内炎になりやすくなります。

アレルギーなど

アレルギーなど
口の中の銀歯などに対する金属アレルギーや、食物アレルギー、また歯磨き粉の界面活性剤に対して反応を起こして口内炎が起こることがわかっています。

歯科医院での口内炎の治療

薬の処方

薬の処方

もっとも一般的によく行われているのは、軟膏の薬の処方です。口内炎ができると強い接触痛が起こりますが、軟膏を塗ることにより、口内炎の表面が保護されますので、辛い症状を和らげることができます。

また、軟膏の薬効成分により、炎症が抑制されますので、それによっても辛い症状が緩和され、ずいぶん楽になります。

レーザー治療

レーザー治療

口内炎の表面にレーザーを照射すると、照射した部分が凝固し、刺激が加わっても痛みを感じなくなり、症状がずいぶん楽になります。また、レーザー照射することによって治癒が早くなり、自然治癒を待つよりも早く治癒させることができます。

レーザーを照射する際には少しピリピリする感覚を感じることもある、という程度で、施術自体も数分もあれば終わります。そのため、早く楽になりたい!という方に特におすすめです。

口内炎を早く治すためにできること

口内炎を早く治すためにできること

口内炎は、お口の衛生状態が良くないとできやすくなりますし、また、治りも悪くなります。そのため、お口を常に出来るだけ清潔に保ち続けることがとても大事です。加えて、免疫力も大事ですので、睡眠をたっぷりとって体力を回復する、栄養バランスの取れた食事を心がける、といったことも大切になってきます。

カフェインやアルコール、タバコなどの嗜好品は、皮膚や粘膜を保護する役割のあるビタミンB群を大量に消費してしまうと言われていますので、口内炎ができている時は極力控えるようにした方がいいかもしれません。また、糖分の過剰摂取もビタミンB群を消費してしまうため、甘いものの摂りすぎにも注意しましょう。

なかなか治らない口内炎に要注意

なかなか治らない口内炎に要注意

口内炎というのは痛みが強くて厄介ではありますが、ほとんどの場合、一過性のもので特に命に関わるものではありません。ですが、2週間以上経っても一向に軽快しない口内炎がある場合、ちょっと注意した方がいいかもしれません。

頻繁にあるケースではありませんが、口内炎だと思って放置していたら、実は癌だった、というようなこともありますので、長引く口内炎がある場合には一度念のために受診をおすすめします。