電話番号 03-5632-3636
診療案内

インプラント

インプラント

歯があった頃の感覚を取り戻したい方へ

歯を失った後に歯を補う治療をしても、歯があった時のような見た目にしたり、しっかり噛めるようにしたりするのは無理だとあきらめていませんか?確かに、昔からあるような、入れ歯やブリッジといった方法では、天然歯の状態とは様々な面で大きく差があり、「天然の歯のような」感じとまではいきません。

でもインプラント治療なら、本物の歯と区別がつかないくらいの見た目や噛み心地を手に入れることが可能です。

インプラント治療とは

インプラント
歯のインプラント治療は、歯を失った部分にチタン製の人工歯根を埋め込み、被せ物をする治療法です。もともとご自分の歯があった時のように、あごの骨に人工歯根を埋め込みますので、見た目、噛んだ感覚なども、まるで本物の歯が蘇ったような感覚が得られるのが特徴です。

インプラントはこんな方にオススメ!

  1. 自然な見た目を蘇らせたい
  2. なんでもしっかり噛めて美味しく食べたい
  3. 周囲の歯に負担をかけたくない
  4. 違和感のない快適な装置がいい
  5. どうせするなら長持ちする治療がいい
  6. 他の歯も長持ちさせたい
  7. 若々しさをキープしたい
  8. お手入れ方法が簡単な方がいい

インプラントのメリット・デメリット

5つのメリット

メリット

(1)見た目が天然歯に近い

見た目が天然歯に近い
インプラント治療は、天然歯があごの骨に埋まっていた時のように人工歯根をあごの骨に埋めます。そしてその上にセラミックなどの人工歯を被せます。実際に表から見えるのは、人工歯部分だけですので、外見上はご自分の歯のように見えます。

(2)しっかり噛める

リンゴを囓る
噛んだ刺激は、人工歯根からあごの骨に直接伝わりますので、まるでご自分の歯で噛んでいるかのような感覚が得られます。また、インプラントとあごの骨は強固に結合しますので、硬い物でもしっかりと噛むことができます。

(3)違和感がない

笑顔の女性
インプラントはあごの骨と強固にくっつき、一体化しますので、入れ歯のような違和感とは無縁です。発音などにも影響を与えることはありません。

(4)周囲の歯を傷めない

インプラント
インプラント以外の治療法であるブリッジや入れ歯(部分入れ歯の場合)は、周囲の歯の助けを借りなければ入れることができません。つまり、その分他の歯を傷めつけてしまうことになります。インプラントは単独で治療することができるため、他の歯に負担をかけることがなく、他の歯を長持ちさせやすくなります。

(5)お手入れが良ければ半永久的に持つ

歯みがきする女性
インプラントは、ご自分の歯と同様、しっかりとお手入れすれば何十年でも持たせられることがこれまでの治療の経過でわかっています。他の治療法の場合だとそこまで持たせることは稀です。

4つのデメリット

デメリット

(1)保険がきかない

健康保険
通常のインプラント治療は保険がききませんので、治療費が高額になってしまいます。

(2)手術が必要

インプラント手術
インプラント治療では、あごの骨に人工歯根を埋める必要があります。そのため、歯茎を切開したり、骨を削ったりする外科手術が欠かせません。

(3)他に比べ治療期間が長い

カレンダー
インプラントは、あごの骨に埋めた人工歯根とあごの骨がくっつく期間を必要としますので、歯が入るまで数ヶ月かかります。

(4)治療に向かない人もいる

妊婦
手術が必要になるため、お身体の状態によってはインプラント治療ができない方もいらっしゃいます。例えば、妊婦さん、子供、重度の全身疾患を持っている方などです。ですが、持病があっても治療を行えるケースもたくさんありますので、詳しくはご相談ください。

当院のインプラント治療

インプラント
インプラントはあごの骨の適正な位置に人工歯根を埋め込む高度な技術が必要とされる治療です。そのため、インプラント治療を確実に成功に導くためには、専門知識を持ち、インプラント手術の実績がある歯科医師を選ぶ必要があります。

骨が少なくてもインプラント可能

インプラントをするには、インプラントを埋めるのに十分な骨が必要です。ですが実際、骨の量が不足していることも少なくありません。骨が不足する部位では、骨を増やす手術を行うことで、インプラント手術が可能になります。

一方で、骨が少ない場所でも骨移植をすることなしに可能なインプラント治療というものもあります。

当院で行なっている、骨が少なくてもインプラント治療を可能にする技術をご紹介します。

オールオン4

オールオン4
オールオン4は、少ない本数のインプラントで全体的にしっかりと噛めるようにできる治療法です。この方法なら、従来であればインプラントが難しかった骨の少ないケースでも、骨移植をすることなく、骨のある場所を選んでインプラントを埋め込むことが可能です。

ザイゴマインプラント

ザイゴマインプラント
ザイゴマインプラントは、重度に上あごの骨がなくなってしまった人でもインプラントを可能にできる画期的な技術です。これまでの技術ではインプラントが難しかったケースでも、頑丈な「頬骨=ザイゴマ」を利用することでインプラントをすることを可能にしました。

サイナスリフト

サイナスリフト
上の奥歯にインプラントをする際、骨の厚みが大幅に不足してインプラントが困難な場合があります。このような場合、上奥歯の上方にある上顎洞(副鼻腔のひとつ)という空洞の底を持ち上げて、大量の骨をその部分に作り、インプラント治療を可能にすることができます。

ソケットリフト

ソケットリフト
こちらも上の奥歯の場所で骨がやや少ないケースに対して行われる方法で、インプラントを埋める場所から上顎洞の方に骨を押し出すことで、インプラントを埋入する事ができます。ダメージが少なく手術時間を短縮できます。

ブロック骨移植

ブロック骨移植
骨をブロックで切り出し、移植することで骨が足りない部分に必要な骨を補充します。移植する骨は下あごの骨の多い部分より採取する場合が多いです。