新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 03-5632-3636
診療案内

顎関節症

顎関節症

顎がカクカク鳴る、口が開きづらい、顎が痛い…

顎関節症というのは、顎関節やその周辺の筋肉の不調や不具合を訴える症状の総称です。人口の半分が人生に一度はかかるといわれているありふれたもので、軽い症状、かつ一過性で治ってしまうこともあれば、悪化してひどい症状に悩まされることもあります。

顎関節症の症状

虫歯ができている

顎関節症の主な症状には大きく分けて、「顎の関節の雑音」「顎の痛み」「顎の運動障害」の3つがあります。これらの症状は典型的なものですが、それ以外にも頭痛や目の痛み、歯の痛み、肩こり、首の痛み…などを感じることもあります。

顎関節症そのものが命に関わったりすることはありませんが、自律神経失調症やうつ病などにつながることもあると報告されています。

こんな症状はありませんか?

こんな症状はありませんか?
口の開け閉め時に顎がカクカク鳴る
口を大きく開けづらい
顎関節の痛み
顎全体の痛み
顎がだるい
慢性的な頭痛がある
肩こりや首のこりがひどい
耳の痛み
めまい
眼精疲労

このような症状がある場合、顎関節症が原因になっていることもあり、顎関節症を治療することで症状が改善することもあります。

顎関節症の原因

顎関節症の原因としては次のようなことが考えられています。

ストレス

ストレス
心理的ストレスにより、歯ぎしりや食いしばりが起こり、顎関節を招くことがあると言われています。

顎関節に負担をかける行為

顎関節に負担をかける行為
歯ぎしりや歯をカチカチ合わせる癖、スポーツや仕事で食いしばることが多い、頬杖、うつ伏せ寝、爪を噛む癖などの顎関節に負担をかける行為は顎関節症を招きやすくなります。

噛み合わせの悪さ

顎関節に負担をかける行為
かみ合わせが悪いと、噛む筋肉がアンバランスに働いたり、顎関節への過剰な負担が起こったりすることで顎関節症を招きやすくなります。

元々の素因

元々の素因
顎関節や筋肉が構造的に弱い方は、より顎関節症を発症しやすくなります。
顎関節症の原因は一つというよりも、上のような要素が重なり合って起こると考えられています。そのため、症状がある場合には、歯科医師の診断を受け、適切な対処を受けることをおすすめします。

顎関節症の治療

トラブルを起こす前に抜歯する

トラブルを起こす前に抜歯する

歯科医院で治療としては、痛みがある場合には鎮痛剤の処方、夜間時の歯ぎしりから顎関節への負担を軽減させるスプリント(マウスピース)の作製、顎関節部の血行促進のためのレーザー照射といったものが行われます。

噛み合わせに問題がある場合には、それに対する治療を行うこともあります。また、自宅でのセルフケアについての指導や注意事項などについても説明を行います。

セルフケア方法

セルフケア方法

自宅でのセルフケアも顎関節症の改善において重要は役割を果たします。まずは症状を悪化させないよう、「大きく口を開けることを避ける」、「硬い食べ物を避ける」、「急に口を大きく開けない」、「顎関節周辺の癖を取り除く」といったようなことを実行しましょう。そして顎関節周辺のマッサージや、顎関節周囲の筋肉を引き延ばすリハビリなども指導を受け、実践すると改善しやすくなります。

トラブルを起こす前に抜歯する

トラブルを起こす前に抜歯する
歯科医院の治療やセルフケアで改善が見られず、症状がひどい場合には専門医の受診をおすすめすることもあります。
顎関節症は、早めの対処で悪化を防ぐことが可能です。気になる症状のある方は、一度お気軽に当院までご相談ください。