新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 03-5632-3636
診療案内

サイナスリフト

食事風景

インプラントで上あごに骨が大幅に足りない場合の治療法

インプラントをしたくても、骨のボリュームが足りず、そのままでは治療ができない、ということは決して珍しいことではありません。

特に上の奥歯というのは、その上に上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる、副鼻腔の一つである大きな空洞が空いているため、骨が足りなくなりやすい場所の一つです。

そんな場合でも、インプラント治療を可能にするために骨を増やす手術の一種として、サイナスリフト(上顎洞底挙上術)というものがあります。

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)とは

上の奥歯部分にインプラントを行いたい場合に骨が足りない、というケースは実は結構頻繁に見られます。これは上の奥歯の上方に副鼻腔の一つである「上顎洞」が空いているためで、上の奥歯の位置と上顎洞(Sinus=サイナス)の位置が非常に近いため、骨の厚みが少なくなってしまいやすいのです。

もともと骨の厚みが少ない場所ですから、歯周病や虫歯が進んでできる歯根周囲の感染が原因で歯を失うと、さらに骨がなくなってしまいます。

もし、このような場合にそのままインプラントを埋めてしまった場合、上顎洞にインプラントが突き抜けてしまったり、ものを噛んでいるうちに上顎洞にインプラントが落ちてしまったりするリスクがあります。

このようなことを避けるために考え出された、骨の厚みを確保する治療法が、上顎洞を挙上してその下に骨を作るという上顎洞底挙上術です。上顎洞挙上術にはサイナスリフトとソケットリフトがあり、その中のサイナスリフトは、一気に大量に骨を作ることができるので、骨の厚みがかなり少なく、かつ広範囲に骨がない場合に行われます。

上顎洞底挙上術の解説図

上顎洞底挙上術の解説図

上顎骨の内部には上顎洞と呼ばれる大きな空洞が存在します。

上顎洞底挙上術の解説図

歯槽骨の骨量が少なくなると、インプラントが埋入できなくなリます。

上顎洞底挙上術の解説図

歯槽骨の骨量が少なくなると、インプラントが埋入できなくなリます。

上顎洞底挙上術の解説図

歯槽骨の薄い部分の上顎洞底部に移植骨や骨補填材を填入することで、インプラントを埋入できるようになります。上顎洞底へのアプローチのしかたにより、側方からのアプローチ法(ラテラルウィンドウ、狭義のサイナスリフト)と歯槽骨頂からのアプローチ法(クレスタルアプローチ、ソケットリフト)の2つがあります。

サイナスリフトの術式

サイナスリフトの術式
右上大臼歯部にインプラント埋入を計画

サイナスリフトの術式
上顎洞の側方の歯肉を剥離します。

サイナスリフトの術式
上顎洞側壁の骨を削り、窓を開けます。
この小さな窓から上顎洞粘膜(しゅないだー膜)を持ち上げます。

サイナスリフトの術式
上顎洞粘膜が持ち上がってできたスペースに、骨あるいは人工骨を填入します。

サイナスリフトの術式
上顎洞の側壁を戻し歯肉をもとに戻します。

サイナスリフトの術式
骨が成熟したら、インプラントを埋入します。

サイナスリフトのメリット
メリット
目視下で確実に上顎洞の粘膜を持ち上げ、大量の骨を作り出すことができる
骨をたくさん作れるので、長いインプラントを入れることができる

サイナスリフトのデメリット
デメリット
手術範囲が広く、侵襲が大きめなので、術後の腫れなどが出やすい

症例(術前)

術前パノラマX線写真

症例

CTデータより3D画像を構築

症例

術前CT(1)

症例

術前CT(2)

症例

症例(術後)

CT

症例

術前CT(1)

症例

術前CT(2)

症例

術後レントゲン写真

症例

インプラント料金

CT(片顎)のみ ¥15,000
診査代(CT、レントゲン、模型診査) ¥50,000
静脈内鎮静法 ¥80,000
GBR(骨造成) ¥100,000
ソケットリフト ¥100,000
サイナスリフト(1歯) ¥200,000
サイナスリフト(2~3歯) ¥250,000
サイナスリフト(4歯) ¥300,000
インプラント埋入 ¥250,000
上部構造前歯部(上下3~3) ¥200,000
上部構造臼歯部 ¥160,000