新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 03-5632-3636
診療案内

ザイゴマインプラント

口の中が痛くて気になる女性

上あごが重度に痩せてしまった方のためのインプラント

あごの骨が痩せてしまって、「インプラントは無理」と言われてあきらめている方はいらっしゃいませんか?

最近は骨が少なくてもインプラントができる技術が色々と開発されていますが、その中でもザイゴマインプラントは、重度に上あごの骨がなくなってしまった人でもインプラントを可能にできる画期的な技術です。

ザイゴマインプラントとは

ザイゴマインプラント

木を植えるのに十分な土が必要なように、インプラントをするためには十分な骨が必要です。最近では骨を増やす技術が発達し、骨が痩せてしまった方でもほとんどの場合にはインプラントが行えるようになりました。しかし、極端に骨がなくなってしまっている方の場合だと、骨を増やす方法をやっても難しいケースがあります。

ザイゴマインプラント
ザイゴマインプラント

最近では、さらなる医療技術の発展により、かなり重度にあごの骨がなくなってしまって、過去には不可能と思われていたケースであってもインプラントが可能になってきています。

ザイゴマインプラントは、そのようなケースに対して行われる方法の一つで、これまでの技術ではインプラントが難しかったケースでも、頑丈な「頬骨=ザイゴマ」を利用することでインプラントをすることを可能にしました。

オールオン4との違いは?

「ザイゴマ」とは「頬骨」のことです。普通に行われているインプラントはあごの骨に埋め込まれますが、ザイゴマインプラントは頬骨に埋め込みます。

骨が少ない場合に最近よく行われているインプラント法として、オールオン4というものがあります。これは、あごの骨の比較的の多く残っている部分を選んでインプラントを埋め込む、というものです。

しかし、さらに骨の吸収が進んで骨の厚みがどこにもない場合、この方法は適用できません。でもザイゴマインプラントなら、このような場合に、頬骨を利用してインプラントを埋め込み、歯を立てていくことができます。

頬骨にインプラントを埋めても大丈夫?
頬骨にインプラントを埋めても大丈夫?
ザイゴマインプラント
「頬骨」にインプラントを埋めるということを、不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも、頬骨というのは非常に硬くて、インプラントを固定するのにはとても適した場所なので、心配はいりません。

体に負担のかかる骨移植が不要!即日に歯を入れることも!

器具

通常、上あごの骨が少ない場合には、インプラントを埋めるために、上の奥歯の上方にある上顎洞の底を持ち上げて人工骨を移植するという「サイナスリフト」がよく行われます。

この方法も大変効果的で、よく行われている方法ではあるのですが、やはり身体への負担が余計にかかりますし、骨がしっかりとできるまでに半年くらいかかるのが通常で、治療期間も延びてしまいます。

一方、ザイゴマインプラントの場合、しっかりと残っている頬骨に埋め込みますので、すべての患者様に対して骨造成手術を行うことなく、施術が可能になります。しかもオールオン4のように、インプラントを埋め込んだその日に固定した歯を装着することも可能です。

ザイゴマインプラントはこんな方におすすめしています

上あごの骨が重度に痩せていて、オールオン4ができない方

オールオン4もできないほど骨が痩せている場合、ザイゴマインプラントであれば施術可能です。

骨を増やす手術を避けたい方

骨を増やす手術をすると、手術が増えることで身体への負担がそれなりにかかりますし、治療期間が長くなってしまいます。

ザイゴマインプラントなら、余計な手術が不要なので、負担を減らすことができます。

腫瘍などが原因で骨が全くない方

ガンなどの病気が原因であごの骨を切除してしまい、インプラントを行うあごの骨が全くなくなってしまった方でも、ザイゴマインプラントであればインプラント可能です。

先天的にあごの骨が欠損している方

生まれつき口蓋裂、顎裂などの問題があり、上あごの骨が不十分な場合にも適用できます。

インプラント料金

CT(片顎)のみ ¥15,000
診査代(CT、レントゲン、模型診査) ¥50,000
静脈内鎮静法 ¥80,000
GBR(骨造成) ¥100,000
ソケットリフト ¥100,000
サイナスリフト(1歯) ¥200,000
サイナスリフト(2~3歯) ¥250,000
サイナスリフト(4歯) ¥300,000
インプラント埋入 ¥250,000
上部構造前歯部(上下3~3) ¥200,000
上部構造臼歯部 ¥160,000