新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 03-5632-3636
診療案内

小児矯正(子どもの矯正)

成人矯正

子どものうちから矯正することで様々なメリットがあります

小児矯正(子どもの矯正)は、乳歯が残っている小学生くらいまでの時期に行う矯正治療をいいます。

矯正治療というと、永久歯が揃ってから歯にワイヤーをつけて行う矯正を想像する方も多いかもしれませんが、永久歯が生え揃うまでの「早めの時期」に矯正治療を行うことで得られる多くのメリットがあります。

小児矯正ってどんなもの?

あごの正常な発達を促しながら理想的な歯並びに!
あごの正常な発達を促しながら理想的な歯並びに!
成人矯正

小児矯正は永久歯に全て生え変わる前の、あごの成長が盛んな時期から治療を行います。永久歯が揃ってからでも矯正治療はできるのですが、その頃にはあごの成長はほぼ終わっているので、歯をきれいに並べるためにはどこかの歯を抜いてスペースを作らなければならなくなることが少なくありません。

早い時期に矯正治療を始めることで、あごの成長をコントロールしながら永久歯を理想的な位置に並べることができるのと同時に、大事な歯を抜歯せずにすむ可能性が高くなります。

小児矯正のメリット・デメリット

6つのメリット

メリット

(1)より理想的な仕上がりにできます

理想的な仕上がり
小児矯正は、あごの骨の成長の正常な発育を促しながら行いますので、歯の位置を整えながら骨格も整えていくことができます。一方、成人矯正の場合には、あごの成長は終わっているので、骨格を整えるところまではできません。

(2)抜歯矯正をせずに済む可能性が高いです

抜歯矯正少ない
小児矯正は、歯が並ぶスペースを作りながら並べていきます。そのため、多くの成人矯正のようにスペース不足で歯を間引きする必要性が少なくなります。

(3)歯並びを悪くする根本的な解決ができます

根本解決
歯並びを悪くする原因として、無意識に行なっている指しゃぶり、唇を噛むなどのような癖があります。小児矯正ではこのような癖を取り除きながら、歯並びを作り出すのに重要なお口周囲の筋肉のトレーニングも行いますので、きれいな歯並びを保ちやすくなります。

(4)歯がスムーズに動いてくれます

スムーズに移動
骨のやわらかい子どもの時期は、歯もスムーズに動いて痛みを感じにくいという特徴があります。

(5)将来手術をしなくて済む可能性が高いです

将来の可能性
例えば、あごが前に出ている受け口の場合、大人になってからの矯正治療では、成長しすぎたあごの骨を切断して歯並びを整えなければならないケースがあります。小児矯正であれば、あごの骨の成長を抑えて矯正できますので、手術の可能性を大幅に下げることができます。

(6)簡単な装置で矯正が可能です

簡単な矯正可能
小児矯正では簡単な装置、目立たない装置、もしくは家にいる間だけにつける装置などで矯正ができるので、ストレスを感じずに矯正できます。もし永久歯が揃った後に本格的なワイヤー矯正が必要になる場合でも、小児矯正の段階でほぼ整っているので、ワイヤー矯正の期間を短くすることができます。

3つのデメリット

デメリット

(1)お子さん、親御さんの協力が必要です

食事が不便
小児矯正では、取り外し式や、親御さんによる調整が必要な装置を使うことがよくあります。そのため、お子さんや親御さんの協力が得られないと、効果が現れません。

(2)期間が長くなることがあります

期間が長期
永久歯が生え変わるまで経過を見ていくため、場合によっては治療期間が長くかかることもあります。

(3)のちに成人矯正が必要になることがあります

成人矯正必要性も
骨格性の不正咬合など、場合によっては、小児矯正が終わった後にも成人矯正を必要とするケースがありますが、ある程度骨格も歯並びも整っているので、成人矯正の期間を短く、簡単に済ませることができます。

小児矯正は何歳から始める?

食事が不便

小児矯正を始める時期は一律ではなく、あごや歯並びの状態によって違ってきます。永久歯の生え変わりが始まる6歳頃に始めるケースが多いですが、その後からでも問題ないケースもありますし、逆に骨格性に問題がある場合にはその前に始めた方が良い場合もあります。

まずは一度お子さんのお口を見せていただき、相談させていただきますのでお気軽にご相談ください。

小児矯正についてはこちら

当院では、お子さんの症例に応じて、様々な矯正装置を使用し、健康的で理想的な歯並びに整えていきます。目立ちにくい装置も取り扱っていますので、ご相談ください。

成人矯正についてはこちら