電話番号 03-5632-3636
診療案内

ソケットリフト

ソケットリフト

上あごに骨が少し足りない場合に、垂直的に骨を作る治療法

ソケットリフト法とは、サイナスリフトと同様、上あごにインプラントをする際、上あごの骨が足りない場合に行われる骨の再生手術「上顎洞底挙上術」の一つです。

サイナスリフトの場合は、骨がかなり少ない場合に一気に大量の骨を作る目的で行われることが多いですが、ソケットリフトは骨の厚みが比較的ある場合に、しかし十分な長さのインプラントを埋めるだけの垂直的な骨の量がない場合に行われます。

ソケットリフト(上顎洞底挙上術)とは

ソケットリフトは、インプラントを埋め込むのに、上顎洞までの骨の高さが不足しているケースで行われます。一般的には、専用の器具(オステオトーム)を使って、上顎洞を下方から押し上げる、という方法です。

サイナスリフトは手術する範囲が広く、大掛かりになるのに対し、ソケットリフトは手術範囲が狭く、簡単に行えて傷口も小さいので、患者様の負担が軽いのが特徴です。

ただし、増やせる量の骨がサイナスリフトに比べて限られているので、適用できる症例は限られてしまいます。

オールオン4との違いは?

ソケットリフト
ソケットリフト
ソケットリフト

まずは、インプラントを埋める穴を開けていきます(抜歯後にすぐ行うケースでは、その穴)。上顎洞まで約1ミリの骨を残した状態でドリルを止めます。

インプラントを埋める穴(元々の歯が抜けた部分)から、「骨のもととなる物質」を入れて、 下方から少しずつ上顎洞の粘膜(シュナイダー膜)を押し上げていきます。具体的には、上顎洞の底部の骨を下から押し上げて若干骨折させ、その奥にあるシュナイダー膜を上方に押し上げます。

押し上げられた粘膜と、その間に填入した「骨のもととなる物質」の分だけ、骨の厚みを増やすことができます。

「骨のもととなる物質」と一緒にインプラントを埋めることもありますが、完全に骨になるのを待ってから、インプラントを行う場合もあります。

インプラントが骨としっかりと結合したら、人工歯をかぶせて終了です。

ソケットリフトのメリット
メリット
手術範囲が狭く、侵襲が少ないので患者様の負担が少ない
インプラントの埋入が同時にできる場合には、早く噛めるようになる

ソケットリフトのデメリット
デメリット
骨が極端に少ないケースでは行えない
長いインプラントを埋めることはできない
上顎洞の形態や上顎洞粘膜の状態によっては適用できないケースがある
実際に骨の奥の部分を目で見ながら行うことができない

インプラント料金

CT(片顎)のみ ¥15,000
診査代(CT、レントゲン、模型診査) ¥50,000
静脈内鎮静法 ¥80,000
GBR(骨造成) ¥100,000
ソケットリフト ¥100,000
サイナスリフト(1歯) ¥200,000
サイナスリフト(2~3歯) ¥250,000
サイナスリフト(4歯) ¥300,000
インプラント埋入 ¥250,000
上部構造前歯部(上下3~3) ¥200,000
上部構造臼歯部 ¥160,000