PMTCとはどんなクリーニング?|着色汚れにも

皆さんは「PMTC」が何のことかご存知でしょうか?実は、歯の寿命を維持して健康的な生活をおくるためには、このPMTCが非常に重要な役割を担っているのです。そこで、PMTCについて解説します。

PMTCとは何か?

PMTCを受ける女性

「PMTC」とは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略称であり、日本語で表現すれば「専門家が機器を用いて行う歯の洗浄」という意味になります。自宅でのデンタルケアである「通常の歯磨き」では解決できない歯の問題を解消することができます。

PMTCとは、歯科医師として専門の教育を受けた者が虫歯や歯周病予防を目的として、歯に付着した歯垢や歯石、着色汚れを落とす歯のクリーニングの一種です。歯のプロである歯科医師が専門スキルと専門機器を用いて、通常のブラッシングでは落とせないような磨き残しなどを取り除くことが目的です。

自費診療であるPMTCは、提供する歯医者によってその具体的な治療内容が異なります。

PMTCを利用する頻度

PMTCは、定期的に利用することでその真価を発揮します。バイオフィルムの形成が3ヶ月程度であることを考慮すると、3ヶ月に1度の頻度でPMTCを利用するのが効率の良い方法であると言えます。

これより短い頻度で利用することも悪くありません。特に虫歯や歯周病のリスクを抱えている人の場合、早い頻度でPMTCを利用することによりこれらの病気の予防や早期発見につながります。

ただし、あまり頻繁に利用しすぎてもあまり効果はありませんし、自費診療なので費用負担も大きくなります。費用を度外視するのであれば頻繁に利用するのはもちろん悪いことではないのですが、費用と頻度の費用対効果についてはきちんと考慮することをお勧めします。

利用頻度については、行きつけの歯科医院で相談してみるのも悪くありません。自分にとって最適な通院頻度を把握しておけば、効果的かつ効率よくPMTCを利用することができます。

一般的なPMTCの流れ

一般的なPMTCの流れについて解説します(具体的な流れはPMTCを受ける歯科医院によって異なります)。

まずは「歯垢の染め出し」です。専用の染色液を用いて歯についている歯垢を染色します。染め出しをすることで歯科医師が洗浄対象を理解しやすいだけでなく、患者さんの歯磨きの問題点や改善点を確認できる(染色されている部分=日頃の歯磨きが十分に行き届いていない部分)ので、歯磨きの質を高めるための材料となります。

次に「歯の表面の洗浄」です。一般的にはフッ化物配合の研磨剤を使用(フッ化物には歯を強くする働きがある)し、表面をきれいに磨き上げます。患者さんの歯の状態に合わせて、研磨剤の種類を調整します。研磨が完了したら、研磨剤を洗い流します。

次は「歯周ポケットの洗浄」です。歯周ポケットは歯垢や歯石が溜まりやすく、これが歯周病の原因になります。歯ブラシが届きにくい場所なので、しっかりと洗浄してもらいましょう。

最後は「フッ素塗布」です。フッ素には虫歯予防などに効果があり、歯の健康を維持するのに役立ちます。

大まかな流れは以上になります。具体的な施術内容は歯科医院によって異なりますので、事前に自分が必要としている施術内容をきちんと含んでいるかどうかを確認しておきましょう。

PMTCがあれば「通常の歯磨き」は不要?

鏡の前で歯磨きをする女性

ここまでPMTCの良さを解説してきました。さて、PMTCが素晴らしい治療内容であるならば、通常の歯磨きはもはや不要なのかと言えば、そうではありません。むしろ通常の歯磨きをきちんとしている人だからこそ、PMTCはその進化を発揮すると言えるのです。

そもそもPMTCは、「通常のブラッシングでは除去しきれない汚れを取り除く方法」です。つまりPMTCは日頃のデンタルケアでは不十分な部分を補完する方法であって、決して日頃の歯磨きを完全に代替するようなものではありません。日頃からきちんと歯磨きをしている、つまり歯の健康を意識している人だからこそ、PMTCを利用する意味があるのです。

PMTCはどこで受けるべき?

PMTCは、歯科医院によって提供するサービスの内容が異なります。それは施術内容だけでなく、サービスの品質などにも影響します。

その選び方の基準としては、第一に「技術力」の違いが挙げられます。自費診療となるPMTCは、いかに歯科医師が高い技術と知識を持ち合わせているかが重要です。特に「予防歯科」に力を入れている歯科医院は、高品質なPMTCを提供してくれる可能性が高いです。歯医者のホームページを確認して、PMTCや予防歯科に力を入れているかどうかを確認してください。

品質はもちろんですが、「金額」についても見ておきたいところです。自費診療となるPMTCは、提供する歯科医院によって料金設定が大きく異なります。

相場はありますが、必ずしも「相場より高い料金設定=施術の質が良い」とは限らないという点に注意が必要です。品質についてはホームページで確認するとして、それが支払う料金に見合うものであるかはきちんとチェックしておくことをお勧めします。