口の渇きが気になったら・・・自分で出来るドライマウスセルフチェック!

「ドライマウス」は口が渇いている状態が続くことを言います。口内の乾燥は、空気の乾燥とはあまり関係がないので、口の渇きが気になる…という場合はドライマウスになっている可能性があります。自分が気になっている口の乾燥は、ドライマウスなのか?一時的なものなのか?セルフチェックしてみましょう。

続きを読む...

虫歯はないのに歯の痛み・・・その歯のトラブル、ストレスが原因かも?

ストレスを溜めることがよくないことは誰もが自覚しているでしょう。運動したり趣味の時間をつくったりして適度に発散することができればいいですね。しかし、ストレスはいつの間にか溜まってしまい、体に様々な影響を与えます。例えば、虫歯はないのに歯が痛むなんてことはありませんか?いつの間にか治るので気にしていないかもしれませんが、その痛みはストレスが溜まっている証拠かもしれません!

続きを読む...

【普通の人に比べて約2倍】糖尿病の人は歯周病になりやすい理由

歯周病と全身疾患の関係性についての研究が進んでいることをご存知でしょうか?例えば、歯周病と肺炎です。肺炎の中でも「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」というものがあり、誤嚥をしたときに口の中にいる歯周病菌が気管に侵入し、肺で炎症を引き起こします。
他にも、歯周病に罹患している人は冠動脈疾患にかかるリスクが高いという研究結果も出ています。
今回はこの2つではなく、もっとも患者数の多い「糖尿病」と歯周病の関係について詳しくご紹介します。日本国内での患者数は一番多いので、いま糖尿病とは縁のない方も、ぜひ参考にしてください。

続きを読む...

口臭が気になる…と感じたら「歯石除去」してみては?

しっかり歯磨きをしているはずなのに、気が付いたら歯と歯の間に歯石が溜まっている!なんて経験はありませんか?歯石は歯ブラシだけで落とすことは難しく、少しずつ蓄積してこびりついてしまうのです。そして、口内の環境を悪化させ、歯周病を引き起こしたり、口臭を発生させる厄介者なのです!気になる口臭の原因は、この歯石にあるかもしれません。

続きを読む...

知覚過敏を予防する歯磨きのポイント!

歯磨きで口をゆすぐときズキっと痛みを感じることがありませんか?その痛みは知覚過敏が原因かもしれません。知覚過敏は気が付かないうちに引き起こしているケースが多く、さらにそのまま放置しても自然に治ることはありません。もし痛みがなくなったという人がいれば、それは痛みに慣れてしまったか歯石がついて痛みを感じる部分が塞がっているかのどちらかが考えられます。
最近は市販の歯磨き粉でも知覚過敏が気になる人向けの商品が多く販売されていますよね。今回は歯磨き粉と歯ブラシの仕方・歯ブラシの選び方についてイースト21デンタルが説明していきます。

続きを読む...

知覚過敏と虫歯はどう違う?正しい見極め方が知りたい!

みなさんにとって、虫歯も知覚過敏も歯の疾患としては身近な言葉ではないでしょうか。日本人の3人に1人は冷たいものが歯にしみると感じることがあるようです。どちらも「冷たいものや甘いものを食べると歯がしみる」という点は同じなので、自分のこの痛みは虫歯なのか?知覚過敏なのか?判断が難しいところですね。実はこの2つ、症状は似ていますが、原因は異なります。そこで今回は、虫歯と知覚過敏の違いについて、イースト21デンタルがお話したいと思います。

続きを読む...

不安やストレスで歯が痛む…そんなときは「ガム」を噛んでリラックス!

現代社会はストレスを抱えている人が多いでしょう。12歳以上の男女にアンケートを取った結果、約35%の人がストレスを抱えているという結果になりました(平成25年厚生労働省調べ)。現代社会でストレスを抱えている人はたくさんの病気のリスクとも戦っています。ストレスが原因で発症する病気といえば、心筋梗塞やうつ・パニック障害など多岐にわたります。
ストレスがあまりにかかると虫歯の有無にかかわらず歯が痛くなることもあります。そんな時にどのようにリラックスしたら良いかイースト21デンタルがご紹介します。

続きを読む...

選手生命に関わることも!身体のゆがみやズレの原因になる「歯並び」の重要性

スポーツ選手は綺麗な歯並びをしているな、なんて思ったことありませんか?
良い結果がでた選手が試合後のインタビューで綺麗な歯でにっこりしていたり、オリンピック選手が金メダルを噛んでいる歯並びが綺麗だったり、これは偶然ではないように思えますよね。では、スポーツ選手と歯並びの関係についてイースト21デンタルオフィスと一緒にみてみましょう。

続きを読む...