インプラントで二回法を勧められた!でも二回法って何?

歯科医師とインプラント治療の相談をすると、医師から「二回法でいきましょう」と勧められることがあります。もしくは「一回法で大丈夫でしょう」と言われる人もいます。
一回法と二回法の違いは、手術の回数です。インプラント治療では、1本のインプラントを埋め込むのに、1回の手術で終了する場合と、2回の手術が必要な場合があるのです。
両者の手術方法の違いと、それぞれのメリットとデメリットをイースト21デンタルが解説します。

続きを読む...

悩んだらイースト21デンタルへ!転倒で子供の歯を強打してしまったら!すぐにとりたい対策は?

小さなお子様を持つパパやママにとって、子供が走り回る、転ぶなんて光景は珍しいものではないですよね。元気いっぱいに走り回って遊んでいる姿は微笑ましいものですが、時にはひざを擦りむいたり、顔をぶつけた、たんこぶになったなど、ヒヤっとしてしまうこともあるでしょう。歯が生え始めるころからは、同時にだんだんと歩いたり走ったりとたくさんの運動ができるようになります。そのころから増える心配事…せっかく生えてきた歯を強打してしまったら!?ではないでしょうか。

続きを読む...

口が渇いて口臭が気になる・・・もしかしたらドライマウスかも?

「普段から口の中の乾燥が気になる」「食べものが飲み込みにくくなった」このような症状にお悩みの方、もしかするとドライマウスになっている可能性があります。 ドライマウスとは唾液の分泌が減少することで起こる病気で、口臭の原因となります。歳を取ると、唾液が分泌される唾液腺という場所は脂肪化し、唾液の分泌を減少させてドライマウスの原因となります。しかし加齢による変化以外にもドライマウスになる原因は様々あります。イースト21デンタルと一緒に見ていきましょう。

続きを読む...

詰め物にはどんな素材がおすすめ?

歯の治療は日々進化しています。「かつては諦めなければならなかった状態が、いまでは簡単に治るようになった」といったことも珍しくありません。

そんな歯科領域における驚異的な進歩の一つに、素材開発があります。
虫歯部分を削った後の歯に装着する詰め物(インレー)や、被せ物(クラウン)の素材は、
●弱くては駄目
●強いだけでも駄目
という、相反する性質が求められます。

さらにいまは、見た目の良さを併せ持つ優れた素材も多数登場しているのです。
そこで今回は、イースト21デンタルが代表的な4つの素材を紹介します。

続きを読む...

赤ちゃんの歯を綺麗に!歯磨きを嫌がられないコツ!

赤ちゃんの歯の成長と赤ちゃん自身の成長は、非常に繋がりが大きく健康的な歯の成長がなければきちんと食事を摂ることができなくなってしまいます。赤ちゃんの成長のためにも歯のケアは非常に大切なのです。
そこで今回は、イースト21デンタルが代表的な歯のケアの方法である歯磨きについて説明していきたいと思います。

続きを読む...

インプラント治療はドコで受ける?信頼できる歯科医の探し方

インプラント治療を希望している方は、自宅近くの歯科医院でもインプラント治療を受けることができるのかをリサーチしておくことが必要になるでしょう。また、インプラント治療を行う歯科医院は数多く存在します。どのような基準で歯科医院を探せば良いか、ここでは歯科医院の選び方のポイントについてイースト21デンタルがご紹介したいと思います。

続きを読む...

どのタイプだと矯正が必要?気になる子供の歯の生え方は?

お子さんの乳歯が抜けると、いよいよ大人の歯である永久歯に生え変わります。乳歯の歯並びが良かったからといって、永久歯も同じように生えてくれるとはかぎりません。特に、前歯の歯並びが悪いと見た目や将来的にも何とかしてあげたくなるのが親心ですよね。そこで思いつくのは、歯科矯正ではないでしょうか。歯科矯正はそれをする子ども本人も大変ですが、親御さんにとっても高額な費用がかかるので迷ってしまうかもしれません。そこで、どんな歯の生え方であれば歯科矯正が必要なのか、イースト21デンタルと一緒に詳しく見ていきましょう。

続きを読む...

治療後の被せ物から嫌な臭いがする原因とは?

「なんとなく口臭が気になる…」治療をしたはずの歯の被せ物から、なんとなく嫌な臭いがする。それは、気のせいではないかもしれません!では、その原因とは一体なんなのでしょうか?いくつか考えられる原因を、対策とともにイースト21デンタルが解説いたしまします。

続きを読む...

【長生き=唾液の量】唾液量を増やす口内トレーニング方法

長生きはもちろんのこと、元気な老後を過ごしたい…実は、そのためには「唾液の量」が大きく関係しているということをご存知でしょうか?しかし、唾液は年齢とともに分泌されていく量が減少してしまいます。そうなれば、口の中は乾きやすくなり、細菌が増殖し、口臭や歯周病を引き起こしてしまいます。口内の状態が悪くなれば、健康にも影響を与えてしまうでしょう。では、どうしたら「唾液の量」を増すことができるのでしょうか。今回は、唾液を増やすトレーニング方法をイースト21デンタルがお話していきましょう。

続きを読む...

歯医者の麻酔はどれくらいの時間効いている?食事はいつから摂っていい?

歯が痛くなり歯医者に行ったら、むし歯が見つかり、麻酔の注射をして治療してもらったことありませんか?
実は歯科治療は、外科治療に含まれる医療行為です。上記の例に限らず歯科治療では、抜歯などの痛みを伴う処置が行なわれることが比較的多いので、麻酔が欠かせません。
麻酔が終わったあとは、しばらくの間食事を控えるよう指示されます。これはどうしてなのでしょうか?そしてどれくらい経てば、食事を再開してもよくなるのでしょうか?イースト21デンタルと一緒に見ていきましょう。

続きを読む...