審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは

第一印象が全てではないとは言いますが、誰しも初対面の人には印象が良くありたいと思うものです。好印象を与えるのはもちろん笑顔。そして笑顔でポイントになるのは、やっぱりキレイな白い歯ではないでしょうか。

欧米諸国では、ビジネスを行なう上では歯がキレイであることはマナーであるとも言われています。

日本でも近年、美容への意識が高まるっていますが、人体において“美”を追求していくとそこには、機能、構造、生物学的な要素が満たされたて初めて審美的要素の確立がなされることが分ります。

歯科の分野においても、審美歯科は歯を白くするなど、見た目に対する治療だけと取られがちですが、口元からの笑顔を含めたトータル的な“美”を創り出すのも審美歯科の成せる処であり、そのためには歯を支えているアゴの骨や歯の周りの歯肉組織、咬み合せなどの機能面の調和が取れていることが必要です。

当院では、患者さまの主訴が前歯の見た目だけの問題であったとしても、初めて来院された患者さまにはトータル的な検査を受けて頂きます。

見た目の美しさはもちろん、長期的な維持と健全に咀嚼器官として機能するためには、多様な見地からの現状把握により治療方針を決定する必要があるからです。

私たちが目指す処は患者さまが期待する以上の物を結果として提供することです。その為には、総合的な治療を行うことが美しさを得るための近道でもあると考えています。

審美歯科治療の流れ

初診時 カウンセリング、応急措置(痛みの除去など)
検査    診断    治療方針立案
コンサルテーション インフォームドコンセント(=説明と同意)
治療方針の決定
初期治療 虫歯や病巣の除去
補綴前処置(=被せ物)(矯正治療 歯周治療 歯内処置 外科処置)
プロビジョナルレストレーション(=仮歯)による最終形態・咬合の安定の確認
審美補綴治療 歯科医師と歯科技工士による総合的アプローチ
経過観察 メンテナンス

治療の種類

オールセラミックス

金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がない。天然歯に近い透明感と輝き長期的な審美性の獲得が可能となりました。また従来の酸化アルミナにくわえジルコニアが使用できるようになったので、ブリッジにも応用可能となりました。

ポーセレンラミネートベニア

従来は歯の全周を削らなければならなかったような歯でも、接着技術の向上により、最小限の切削で従来と変わらない審美性が得られるようになりました。

まずはお気軽にお問い合わせください 03-5632-3636(※受付は30分前までにお願い致します。)