小児歯科

お子様の歯科治療について

小児歯科

単に虫歯を治療するだけではなく、虫歯や歯肉炎の予防に力を入れ、 健康で丈夫な永久歯を育てていくことを目標に治療を行っています。

担当衛生士による3~4か月毎の健診時には、ブラッシング指導を行い、歯面をきれいにクリーニングした後にフッ素塗布を行っています。生え始めの奥歯がある場合には、早期にシーラント治療も行います。

また、キシリトールの摂取などご家庭でできる予防法をアドバイスしています。
不正咬合や歯列不正がある場合は、矯正専門医による診察を勧めています。 歯医者さんに行くことが「楽しい」と思ってもらえるように、虫歯になってからの来院よりも、虫歯が1本もない早い時期からのフッ素塗布シーラントでの来院をお勧め致します。

お子様の歯の予防

ブラッシング

ブラッシング

正しいブラッシングの習慣は、虫歯予防になります。
お子様一人で正しく磨けるようになるまでは、親御さんがきちんと仕上げをしてあげることが大切です。

正しいブラッシングの指導も行っておりますので、スタッフまでお気軽にお尋ねください。

フッ素ケア

フッ素ケア

生えたばかりの歯にフッ素ケアをすると、効果的な虫歯予防になります。
定期的なフッ素塗布で歯を強くすることが可能です。

また手軽なところでは、フッ素入りの歯磨き粉を毎日のブラッシングに取り入れ、歯を丈夫することで虫歯予防になります。

シーラント

シーラント

お子様の生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすいため、シーラントをすることで虫歯予防ができます。

シーラントとは、歯を削ることなく、歯の溝をコーティングするため、虫歯予防が効果的です。

まずはお気軽にお問い合わせください 03-5632-3636(※受付は30分前までにお願い致します。)