サイナスリフト

上顎洞挙上術(サイナスリフト)

上顎洞挙上術(サイナスリフト)
上顎骨の内部には上顎洞と呼ばれる大きな空洞が存在します。

上顎洞挙上術(サイナスリフト)
歯がなくなると、歯槽骨の吸収が進行します。
上顎の場含は、図のように上顎洞の拡大も進行する可能性もあり、歯槽骨はさらに薄くなります。

上顎洞挙上術(サイナスリフト)
歯槽骨の骨量が少なくなると、インプラントが埋入できなくなリます。

上顎洞挙上術(サイナスリフト)
歯槽骨の薄い部分の上顎洞底部に移植骨や骨補填材を填入することで、インプラントを埋入できるようになります。上顎洞底へのアプローチのしかたにより、側方からのアプローチ法(ラテラルウィンドウ、狭義のサイナスリフト)と歯槽骨頂からのアプローチ法(クレスタルアプローチ、ソケットリフト)の2つがあります。

サイナスリフト(ラテラルウィンドウ)

サイナスリフト(ラテラルウィンドウ)
右上大臼歯部にインプラント埋入を計画

サイナスリフト(ラテラルウィンドウ)
拡大

サイナスリフト(ラテラルウィンドウ)
上顎洞の側方の歯肉を剥離します。

サイナスリフト(ラテラルウィンドウ)
上顎洞側壁の骨を削り、窓を開けます。
この小さな窓から上顎洞粘膜(しゅないだー膜)を持ち上げます。

サイナスリフト(ラテラルウィンドウ)
上顎洞粘膜が持ち上がってできたスペースに、骨あるいは人工骨を填入します。

サイナスリフト(ラテラルウィンドウ)
上顎洞の側壁を戻し歯肉をもとに戻します。

サイナスリフト(ラテラルウィンドウ)
骨が成熟したら、インプラントを埋入します。

症例

術前パノラマX線写真

サイナスリフト(ラテラルウィンドウ)

CTデータより3D画像を構築

サイナスリフト(ラテラルウィンドウ)
サイナスリフト(ラテラルウィンドウ)

術前CT(1)

第二小臼歯部
インプラントをシミュレーション

術前CT(2)

第一大臼歯部
インプラントをシミュレーション

サイナスリフト手術

サイナスリフト(ラテラルウィンドウ)

術前CT(1)

第二小臼歯部
サイナスリフトと同時にインプラントを埋入

術前CT(2)

第一大臼歯部
サイナスリフトによりインプラントの埋入が可能

術後レントゲン写真

術後レントゲン写真

まずはお気軽にお問い合わせください 03-5632-3636(※受付は30分前までにお願い致します。)