金属アレルギーの人も安心!“オールセラミック”の歯が美しい理由とは

ギャラリー

金属のアクセサリーを装着したときに、
肌に赤みが出たり、かゆかったりすることはありませんか。

そういう症状がある方は、金属アレルギーかもしれません。

歯科治療でも、金属アレルギーになる可能性があることはご存知ですか。

歯科治療でも金属アレルギーになる

歯科治療でも金属アレルギーになる

歯科治療では、虫歯跡の詰め物などに金属を使います。金属がアレルギーの原因となり、お口の中や体に異常な反応を起こすことがあります。

例えば、金属の詰め物と接触している頬や舌が赤くなったり、白くなったりして炎症が起こります。口の中だけでなく、全身に炎症が広がることも。

こうした歯医者での金属アレルギーを防ぐには、歯に詰められている金属を取り除き、他の材質で作られた詰め物などを用いるようにします。

そこでおすすめしたいのが、セラミック製の素材の利用です。セラミックだけで被せものや詰め物を行うオールセラミックなら、お口の中でとても安定するので、変色や劣化がありません。

セラミックなら美しい歯並びが実現

セラミックなら美しい歯並びが実現

セラミックでできる治療は、奥歯などの虫歯の詰め物から、前歯など目立つ箇所の差し歯までさまざまです。とくに、審美歯科でインプラントや差し歯の治療を行う場合、治療後の見た目も気になりますよね。

前歯の治療に金属を使用すると歯茎や歯が黒くなってしまいます。その点、セラミックなら透きとおった白さが特徴なので、美しく仕上がります。周りの歯との比較で白さが際立ちすぎると感じるようなら、一部を削って着色することも可能です。

また、ホワイトニングをしても白くならない歯の場合、歯の表面を一層削ってセラミックを貼り付ける治療法「ラミネートべニア」がおすすめです。すきっ歯の人でも、セラミックを詰めることで歯の隙間を埋め、きれいな歯並びが実現できます。

セラミックで治療すると虫歯になりにくい

セラミックで治療すると虫歯になりにくい

オールセラミックのよい点は見た目の美しさだけではありません。
治療後に、虫歯になりにくいという特徴があります。

治療した歯が再び虫歯になる理由として、歯と詰め物のあいだに隙間が空いてしまい、そこから炎症が起きるということが考えられます。

前述のとおりセラミックは安定しているので、金属の詰め物のように錆びたり、プラスチックのように劣化したりすることがありません。そのため、虫歯になりにくいのです。

最近では、セラミックの改良が進んだため、強度も十分な素材が登場しています。技術の進歩により、金属を使わないオールセラミックでの治療が可能になったのです。