歯周病と全身疾患との関係

歯周病は体のあちこちの不調を起こす「死の病」

トータルヘルスプログラムで様々な病気のリスクを減らしましょう

体調不良の女性

歯周病は歯周病菌による感染症で、進行すると歯を支えている骨が溶けてなくなり、歯を失います。しかし、もっと恐ろしいのが、歯周病菌が全身に回って様々な命に関わるような病気を引き起こすことです。
トータルヘルスプログラム(根本的歯周病治療)なら、歯周病菌自体を除菌することができるため、このような病気のリスクを大幅に下げることができます。

歯周病と関連が深いと考えられている主な全身疾患

歯周病菌は全身の様々な病気を起こすことがわかっています

歯周病菌は細菌そのものやその炎症性物質が血管に入り込む、気管の方へ入り込む、消化器へ入り込む、というようないくつかの経路から、全身の様々な病気を起こすことがわかっています。歯周病と関連が深いと考えられている病気は多数ありますが、主なものとして次のようなものが挙げられます。

心疾患

心電図

歯周病菌が心臓内の血管に付着すると、血管を狭くし、血栓が詰まりやすくなって狭心症や心筋梗塞を起こすことがあります。また、歯周病菌が心内膜や弁に付着すると、「感染性心内膜炎」という感染症を起こすことがあります。

脳梗塞

頭痛の女性

歯周病菌が脳の血管の方に回って血管内壁に付着すると、血管を狭くして血栓が詰まり、脳梗塞を起こすことがあります。歯周病にかかっている人は、そうでない人に比べて2.8倍も脳梗塞のリスクが高くなると言われています。

糖尿病

血糖値グラフと薬

歯周病と糖尿病の関係は特に深いことがわかっています。もともと、糖尿病の合併症として歯周病が起こることは昔より知られていましたが、近年では歯周病にかかっていると歯周病菌が発する炎症性物質がインシュリンの働きを妨げて糖尿病を悪化させることもわかってきました。つまり、歯周病と糖尿病はお互いに関連しあっている関係にあるのです。

誤嚥性肺炎

食事を詰まらせるお年寄り

こちらは気管の方へ歯周病菌が入ってしまった場合に起こってきます。高齢などで、反射機能が衰えると、誤って気管の方に唾液などが流れてしまうことがあります。その唾液に含まれる歯周病菌が肺炎を起こしてしまうことがあり、特に寝たきりの高齢者の死亡原因として問題になっています。

低体重児出産・早産

妊婦

妊婦さんが重度の歯周病にかかっていると、歯周病菌が出す炎症性物質が血管を通じて胎盤を通過し、胎児に影響を及ぼして低体重児出産や早産を引き起こすことがわかっています。その危険率は高齢出産やタバコ、飲酒によるリスクよりも高いとされているため、妊婦さんは特に注意が必要です。

消化器系疾患

腹痛の女性

歯周病菌は胃潰瘍、胃がんの原因と言われているピロリ菌と共通する抗原を持っていることが知られています。そのため、歯周病菌が原因で腹痛や下痢、嘔吐、胃潰瘍、胃がんなどを引き起こす可能性があると言われています。

認知症

認知症イメージ

歯周病が原因でアルツハイマー型認知症を起こす可能性が最近になって指摘されてきています。歯周病菌が産生する「酪酸(らくさん)」と呼ばれる物質は歯周組織を破壊しますが、この酪酸が血中に入り込み、脳のいたるところでダメージを与えることがわかってきました。
特に記憶に関連する「海馬」という領域のダメージがひどいと言われており、これがアルツハイマー型認知症と関連しているのではないかと疑われています。

骨粗鬆症

レントゲン写真

骨粗鬆症は患者さんの9割が女性ですが、これは閉経後に女性ホルモンが急激に減ることにより起こるからです。骨粗鬆症で骨が脆くなると、歯周病で簡単に骨が吸収されていってしまいます。また、女性ホルモンの分泌が減ると、歯周ポケット内で炎症を引き起こす物質が作られ、歯周病が進行しやすくなると言われています。

安易に歯石取りをするのはリスクがあります

根本的歯周病治療なら体の健康のことを考えても安心な治療です

従来の保険診療で行われている歯周病治療の場合、歯石や歯垢除去が主な治療法になります。そしてこのような治療時には多かれ少なかれ出血するのが通常です。しかし、この際に歯周病菌が血液中に入り込み、菌血症を起こしてしまう恐れがあります。それによって全身の病気が起こる可能性も否定できません。でも、それを恐れて歯石や歯垢を放置しておくと歯周病はますます悪くなってしまいます。

トータルヘルスプログラムの根本的歯周病治療なら、しっかりと歯周病菌の除菌を行った上で歯周病治療を行いますので、体の健康のことを考えても安心な治療だということができます。

まずはお気軽にお問い合わせください 03-5632-3636(※受付は30分前までにお願い致します。)