歯科医師としての外部活動の取り組み

歯科医師になるきっかけ

歯科医師になるきっかけ

『最先端の治療をご提供できるよう、
国内外を問わず研修や講習会に積極的に参加』

海外はインプラントなどの再生医療の技術が日本より進んでいる。
こういった再生医療の技術は日進月歩、世界の進歩に一生懸命ついていかないと置いていかれてしまう。

オールラウンドの治療を目指しているので、すべての診療科目において遅れをとらないように、インプラントや再生医療を含めた、審美・矯正などの知識や技術をいろいろな海外の大学で行われている研修に参加し学んでいる。

主な外部活動

ICOI(国際インプラント学会・米国)日本支部副会長
インディアナ大学歯学部 歯周学インプラント科 客員講師
厚生労働省認定研修 指導医
南カルフォルニア大学(USC) 客員研究員 Century club member
UCLA Apollonian society member ICOI(国際インプラント学会)Diplomate
近未来オステオインプラント学会(IPOI)専門医
日本鍔咬合学会 認定医

学会関連などで月1~2回海外出張に行きながら、法人運営を行っています。