輝くような歯にしたい人!本物のホワイトニングが出来ますよ!

人前で話す仕事をしている女性アナウンサーがだいたいS14くらい

輝くような白い歯、具体的にどのくらいの白さなのでしょうか?ホワイトニングの際の色味を図るためのシェードガイドというものによると、歯の白さがS2~S40に数値化されています。人前で話す仕事をしている女性アナウンサーがだいたいS14くらいで、日本人の平均的な歯の色はS30~S32のようです。
歯の白さの目安は、以下の通りです。
S14以下=「歯が白い」という印象を与える
S16~S30=歯の色についての印象を与えない
S32以上=「歯が黄色い」という印象を与える

歯が黄ばんでいると、清潔感がない印象になります。ぜひ輝くような白い歯を保ちたいものです。

手早く白くしたい人に!歯のマニキュアやラミネートベニア

白い歯にするためにはいろいろな方法があります。まずは、歯のマニュキュアと呼ばれるもので、その名の通り、歯の一本一本に特殊なマニキュアを塗って白くします。残念ながらこの方法は持続性にかけており、永久的に白くすることはできません。
最近審美歯科治療で人気、歯の表面にセラミックでできた薄いチップを貼り付けるラミネートベニアというものがあります。歯の白さは個人差があり、生まれ持った歯の白さ以上にはできないものですが、これならだれでも輝くような白い歯にできます。またすきっ歯の治療にも有効です。ただし、ラミネートベニアを貼り付けるには、自前の歯を削らなくてはいけません。歯は臓器と同じ一生モノですから、健康な歯はむやみやたらに削るべきではありません。

自分の歯を白くするためには本物のホワイトニング

自分の歯を白くするためには本物のホワイトニング

歯を削らずに白くしたいという方には、ホワイトニングがオススメです。歯のホワイトニングは、消毒薬と同じ成分である過酸化水素を使って、歯に染み込んだ有機性の着色成分を分解・漂白していきます。これは、審美歯科など歯医者さんで行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」のどちらでも仕組みは同じこと。ただし、オフィスホワイトニングは変色している歯に一本ずつ薬品を塗って白くしていく一方、ホームケアは低刺激の過酸化尿素という薬をマウスピース状のトレーに入れて、一定時間装着するというやり方の違いです。
完全に白くするまである程度の期間はかかりますが、ホワイトニングをしているあいだは効果が実感できますし、人工の歯を取り付けるより自分の歯を白くしていく方が健康のためにもよいことは間違いありません。