治療法はたくさん!自分に合った矯正治療法をさがそう

自分にあった矯正治療法をみつけましょう

気になる歯並びを治したい!と思いながらも、大人になってからできるの?目立つかな?費用が高そう・・・。など、色々とわからないことや不安が多いですよね。子どもの頃に同級生がやっていたように、目立つ金具をつけなければいけなかったら、と思うと、少しためらってしまったり。でも、安心してください!実は、歯並びを治す矯正歯科には、たくさんの治療法があるのです。歯列矯正をしていることが目立たない治療方法もあるので、費用面など含めて、自分にあった矯正治療法をみつけましょう。

矯正歯科にはどんな治療法があるの?

矯正歯科にはどんな治療法があるの?

矯正歯科には多くの治療法がありますが、主となるいくつかの治療法をご紹介。それぞれどのような歯並びの人に向いているのかなどもあわせてご説明します。
・ブラケット矯正
子供の頃によく見た、歯に金具とワイヤーをつけて引っ張る矯正方法です。あの金属とワイヤーの器具をブラケットと言います。ニッと笑うと、銀色の金具とワイヤーがよく目立ちましたよね。ただ、最近では透明のブラケットを使用して目立たなくすることもできます。歯並びを全体的にきれいにでき、ミリ単位での矯正が可能です。最も実績のある矯正方法なので、信頼性の高さが特徴です。
・舌側ブラケット矯正
ブラケットを歯の裏に取り付けて歯並びを矯正する方法です。矯正器具が他からは見えにくく、歯列矯正治療をしていることが目立たないのが大きなメリットです。しかし、舌を置くスペースが狭くなるので、一般的なブラケットよりも慣れるのに時間がかかると言われます。また、一般的なブラケットよりも技術的に難しいので、費用も少し高めです。
・マウスピース矯正
マウスピースを装着して、少しずつ歯を動かしていく矯正歯科の治療法です。でこぼことした歯並びを治すような、比較的簡単な歯列矯正に用いられます。マウスピースなので、取り外し可能なところが便利です。
・クイック矯正(セラミック矯正)
元々ある歯に、セラミックの被せものをする歯列矯正方法です。見た目の美しさを高めることにはとても適しています。歯全体の噛み合わせを治療するには向きませんが、部分的な噛み合わせを良くしたり、歯を白くしてきれいに見せることが可能です。歯を動かす治療法よりも、短期間で治療できるのもメリットです。

この他にも、主に前歯の矯正歯科で用いられる部分矯正や、抜歯による矯正、顎の骨から治す必要がある場合は外科矯正、新しい技術として注目されているインプラント矯正など、さまざまな矯正歯科の治療法があります。自分はどの治療方法が良いのか事前に調べたり歯医者さんに一度相談してみることで、治療のイメージがつきやすくなるでしょう。これまで、「目立つから」「よくわからないから」と歯列矯正を躊躇していたという方は、いろんな治療法があるのだとわかったこの機会に、一度イースト21デンタルへ相談を検討されても良いですね。