知覚過敏と虫歯はどう違う?正しい見極め方が知りたい!

みなさんにとって、虫歯も知覚過敏も歯の疾患としては身近な言葉ではないでしょうか。日本人の3人に1人は冷たいものが歯にしみると感じることがあるようです。どちらも「冷たいものや甘いものを食べると歯がしみる」という点は同じなので、自分のこの痛みは虫歯なのか?知覚過敏なのか?判断が難しいところですね。実はこの2つ、症状は似ていますが、原因は異なります。そこで今回は、虫歯と知覚過敏の違いについて、イースト21デンタルがお話したいと思います。

知覚過敏と虫歯の原因の違い

知覚過敏と虫歯の原因の違い

知覚過敏による痛みは、歯の表面にあるエナメル質が傷つき、象牙質が露出し刺激を感じることよっておこります。象牙質が露出する原因としては、歯ぎしりや歯ブラシを強くやりすぎる、歯茎が痩せて根元が露出してしまっている、または、酸性の飲食物によりエナメル質が溶けて酸蝕歯の状態になってしまっている、などが挙げられます。
一方虫歯は、虫歯菌によって歯が溶けてしまっている状態のことをいいます。
このように、虫歯菌以外が原因で歯が溶けてしまっている状態のことを知覚過敏といいます。

知覚過敏の特徴

虫歯と比較しながら知覚過敏との見分け方をみてみましょう。

●痛みがどのぐらい続くか?
知覚過敏の場合は、刺激を感じたその時だけ一時的に痛みを感じます。虫歯の痛みは慢性的、持続的に痛みを感じ、数分間つづくこともあります。
また、歯を叩いた時に響くように痛みを感じる場合は虫歯の可能性が高く、知覚過敏の場合は叩いても強い痛みはありません。

●見た目でわかる?
みなさんも知っているように、虫歯になっている歯は黒くなっていたり穴が空いてしまっていたりします。知覚過敏は、歯茎が下がって根元が露出してしまっていることがあるので、歯が長くなっているように見えます。

●治療の違いは?
虫歯は、痛みの原因となっている虫歯の歯を治療することで症状が改善されますが、知覚過敏の場合は、痛みを感じている露出してしまった象牙質に刺激が伝わらないようにすることが必要になります。

気になったらイースト21デンタルへ

気になったらイースト21デンタルへ

痛みが短く、歯に変色などは見られないが歯根が露出して歯が長くみえる場合は知覚過敏になっている可能性が高いでしょう。しかし、虫歯じゃないからすぐに治療しなくても大丈夫かな、と放置してしまうのは危険です。虫歯も知覚過敏も早めに適切な治療を受ければ、ひどくならずに症状を改善させることができます。どちらも、放っておいて自然に治ることはありません。歯に痛みを感じる場合は、イースト21デンタルに診てもらいましょう。