歯並びを改善してキレイな笑顔に!

外国人から見て日本人の口元に対する印象は非常に悪く、特に指摘されているのが「歯並び」です。確かに海外では小さい頃から歯科矯正治療を始めることがステータスとされていますが、なぜそこまでして外国人は歯並びに対する意識が高いと思いますか?それは「歯並びによって印象が大きく変わるから」です。今回は歯並びを改善することで変わる印象についてお話いたします。

文化の違い

文化の違い

海外では日本のように医療保険制度が充実しておらず、虫歯の治療を行うだけでもかなりの費用がかかり、歯科矯正治療の費用も日本より高い場合が多いです。しかし海外では「予防の為に歯医者さんへ行く」という考えが強いので、歯並びが悪くなる前に歯科矯正治療を始める人が多いということです。

歯科矯正治療に対する意識

皆さんが想像する矯正治療とは「費用がかかる」「矯正器具が目立つ」などネガティブなことがほとんどではないでしょうか。実際に日本人が歯科矯正治療へ抱くイメージは海外と比べるとネガティブなことが多いようです。しかし、最近は日本でも歯科矯正治療を始める人が年々増加しています。

歯並びは就職にも影響する?

歯並びは就職にも影響する?

「歯並びが気になって人前で口を大きく開けることが出来ない」という人は少なくないでしょう。歯並びが良ければ、面接や取引の際、はきはきと話せるようにもなるでしょう。さらに、笑顔が素敵だと印象が随分変わってきますね。実際に海外の企業では面接の際「歯並びが悪い=清潔感がない、自己管理が出来ない」と捉われることが多いようです。国内でも海外の企業と関わることも少なくはありません。このような場面においても歯並びが与える印象は非常に重要となってきます。

お口のトラブルの元になる悪い歯並び

歯並びが悪いと、見た目に影響だけでなく口臭や虫歯や歯周病といったお口のトラブルへと繋がってしまいます。歯並びが悪いと、歯ブラシが届かない部分が出来て磨き残しの箇所が増えてしまうため汚れが溜まりやすくなりますし、歯並びが良い人よりもお口のトラブルが多くなる傾向にあります。

意外と知れられていない歯科矯正方法

歯並びが良くなれば口元がすっきりして素敵になるだけでなく、躊躇せずにキレイな笑顔を作ることが出来ますね。しかし一般的な歯科矯正治療は、金具を歯の表面に2~3年付け続ける必要があり、費用も安くはないため決して手を出しやすいものではありません。歯医者さんでは、このような問題に対応した一人一人に合った歯科矯正の方法を取り揃えています。歯科矯正治療は、様々な種類のものが開発されていますので、心配なことがある場合はイースト21デンタルオフィスに相談してみましょう。