顎関節症からくる肩のこりや首の痛みもインプラントで改善出来ます!

辛い肩こりや首の痛みといった症状の原因とされている顎関節症。顎関節症の方は、噛み合わせが悪くなることで顎の筋肉が固まってしまい、顎の筋肉と繋がっている首や肩の筋肉にも影響を及ぼすことで、痛みが出てしまいます。そのため、長年肩こりや首の痛みで苦しんでいるという方も、歯科治療で顎関節症の治療をすると改善するかもしれません。

顎関節症ってどんな症状なの?

顎関節症ってどんな症状なの?

顎関節症の症状は顎の痛みや噛み合わせの問題以外にも、大きく口が開けられない開口障害、口をピッタリと閉じられない閉口障害、左右の関節のずれや顎が外れそうになるといった症状があります。特に女性の場合は男性よりも関節が柔らかいので顎関節症の症状に悩まされている方が多いのも特徴で、最初は軽い症状で特に気にならなかったものが、ある日突然口が開かなくなってしまったという重度の顎関節症になる方もいらっしゃいます。

顎関節症と肩こりや首の痛みの関係とは?

顎関節症で噛み合わせが悪くなると顎がずれてしまい、片方の顎の筋肉に負担がかかり、頭部を支えるバランスが崩れて首の筋肉が緊張した状態になるため、肩こりや首の痛みという症状が出てきます。ご自身ではわからないようなわずかな程度のずれでも、痛みが出ることがあるので、肩こりや首の痛みが顎関節症と気づかないということもあります。

噛み合わせの問題による顎関節症を治すためには?

噛み合わせの問題による顎関節症を治すためには?

噛み合わせの問題による顎関節症を治療するためには、顎の筋肉の緊張をほぐすためのマッサージなどのセルフケアや歯医者さんでの治療が必要です。痛みによって開口できない場合には、薬で炎症を抑えたりスプリント治療によって筋肉への負担を減らしたりして噛み合わせの調整を行います。

顎関節症にかかっている方にインプラント治療をすすめるケースとは?

噛み合わせの問題が歯の欠損、自然歯自体の問題の場合には、インプラント治療をすすめる場合もあります。歯の欠損や歯の問題があると、噛み合わせのバランスが崩れてしまうため、インプラント治療によって元の健康な歯が生えているのと同じ状態に戻すことで、バランスよく噛む癖を取り戻していきながら噛み合わせも矯正することができます。インプラント治療は歯を失った部分に歯を入れる治療というイメージがありますが、ただ単に歯を入れるためではなく、人工歯を埋入することで、自然歯がある時のような噛み合わせに戻し、顎関節症の改善や肩こりなどの改善をすることもできる治療でもあります。