子供が歯科恐怖症の場合に親が子供にしてあげれる事

大人になっても「歯医者さんへ行くのは怖いな・・・」と思う人はいらっしゃいますよね。子供にとってはなおさら「歯医者さんは嫌な場所」と思うかもしれません。そんな子供を歯医者さんへ連れて行くのに困っている親御さんは多いのではないでしょうか?子供が歯医者さんへ行くのを嫌がる場合はどうしますか?無理矢理にでも連れて行く人もいれば、日を改めるという人もいるでしょう。今回は子供が歯科恐怖症の場合に親が子供にどう接すればいいかを紹介します。

歯医者さんへ行かないとどうなるかを教えてあげる

歯医者さんへ行かないとどうなるかを教えてあげる

「泣きじゃくる子供があまりにも可哀想で」といって歯医者さんへ連れて行かないとどうなるでしょう?乳歯を虫歯のまま放置すると永久歯に悪影響を及ぼすことがあります。また虫歯が増えることで歯医者さんへ行く回数も増えてしまいます。まずは子供に対して歯医者さんはどのような場所なのか、歯医者さんへ行かないとどうなるのかをちゃんと説明してあげましょう。

子供のしつけに「歯医者さん」を使わない

子供が悪いことをした時に「言うことを聞かないと歯医者さんへ連れて行くよ」と叱ると、子供にとって「歯医者さん=怖い場所」と認識させてしまいます。また、大人が歯医者さんへ行くのを嫌がる姿を見せてしまうと子供も当然、歯医者さんへ嫌なイメージがついてしまいます。日頃の何気ない発言や行動には気をつけましょう。

口を開けることに慣れる

口を開けることに慣れる

子供は口の中を見られることや、触られることを非常に嫌がります。日頃から子供の口の中を見てあげましょう。そして仕上げ磨きをしてあげることによって自分以外の誰かに口の中を触られることに慣れさせましょう。仕上げ磨きをすることは、子供本人だけでは落としきれなかった歯垢も除去することが出来るので一石二鳥ですね。

歯科で治療前の行動に注意

治療が始まる前に「すぐ終わるからね」や「痛くないよ」と声をかけてしまいがちですが、子供にとってはそうとは限りません。「頑張れ」と言っても、歯医者さんが苦手な子供からすると歯医者さんへ行くこと自体が頑張っています。治療が始まる前は下手に声をかけず、リラックスさせてあげることが大切です。

治療後はしっかりと褒めてあげる

ある歯医者さんでは、治療が上手に出来た子にご褒美としてシールをあげるという取り組みがされています。治療が終わった後は子供を褒めてあげましょう。そうすることにより子供にとって「歯医者さんへ行くことは良いことだ」という良いイメージへ繋げることができます。