小児歯科なら歯医者を怖がる子供も上手に治療してくれる!

大人であっても「歯医者さんって、何だか行きたくないな…」という方もいらっしゃるでしょう。待合室でも聞こえる、あのキーンっという音を聞くだけで、次は我が身…と思ってしまいますね。最近は歯医者さんの独特な匂いがしないようにアロマを炊くなど、気持ち良く治療をうけられるように工夫をされている歯医者さんもありますが、大人でも嫌だ思ってしまうのですから、お子様を連れて行く場合はどうしたらよいのでしょうか?

まず、歯医者さんに行く前に

まず、歯医者さんに行く前に

行ったことのない歯医者さんに対して、どのように「怖いから嫌だ」という感情をもってしまうのかというと、家でパパやママが「今日は歯医者かー」など、嫌そうな雰囲気をだしてしまっていたり「今日の治療は痛くてつらかったなー」などという会話をしていると、いつの間にか、「歯医者さんは痛くて怖いところなんだ…」とお子様は思ってしまうのです。
また、きちんと歯磨きをしなかった時に、「ちゃんと磨かないと歯医者さんに連れて行くよ!」などと叱るのも、歯医者さんに対する印象が悪くなってしまいます。

歯医者嫌いにさせない

虫歯など、何かトラブルが起こってから初めて歯医者さんに連れて行くのは、お子様にとって不安が多くなってしまうかもしれません。乳児健診の際にある歯科健診をうけたり、自治体の健診を利用して、メンテナンスに行ってみるとよいでしょう。主に、クリーニングやフッ素の塗布などですので、痛くありませんよ。

小児歯科がおすすめ!

小児歯科がおすすめ!

お子様の初めての歯医者さんは、小児歯科がおすすめです。小児歯科では、歯医者嫌いにならいように工夫しているところがほとんどです。待合室にキッズスペースがあったり、飽きずに待てるようにテレビで子ども向け番組やアニメを流していたりと院内の雰囲気作りに気をつけています。
また、小児歯科なら医師やスタッフが子どもの対応になれていますので、お子様が泣いてしまったりしても嫌な顔をせずに上手に対応してくれるでしょう。
子どもが嫌がっているのに、歯医者さんに連れて行かなくてはならないというのは親にとって心苦しいものではありますが、虫歯などの歯のトラブルは放っておいて改善するものではありません。日頃から予防することはもちろんですが、歯医者さんについてきちんと教えてあげてお子様が積極的に通院できる環境作りも大切です。そして、治療後は「頑張ったね、偉かったね!」などと沢山褒めてあげてくださいね。