インプラントと天然歯と連結させることは可能?

虫歯やそのほかの口腔内の病気によって歯が複数本失われたりした場合、失った歯の数だけインプラントを埋め込むと、とても高額な治療費が必要になります。万が一そうなってしまった場合、インプラントを埋め込む本数を少なくして、インプラントと天然の歯を連結することは可能でしょうか。

インプラントと天然歯を連結させる治療のメリットとは

インプラントと天然歯を連結させる治療のメリットとは

例えば、奥歯が2本欠損した場合、一番奥の歯に1本のインプラントを埋入し、欠損の手前に天然歯が存在すれば、インプラントと天然歯を連結させることができます。これが天然歯とインプラントのブリッジによる治療です。この治療を用いれば、外科手術が小さい範囲で済みますし、インプラントを2本埋め込む場合と比べて、手術における治療費を安く抑えることができます。

インプラントと天然歯のブリッジによるデメリットとは

一方でデメリットも生じます。連結させた結果、噛み合わせに問題が起こった場合に、インプラントに装着した人工の歯が外れることや、インプラントに大きな力がかかり過ぎると抜け落ちてしまうことがあります。また、天然歯においても、歯が割れたり折れたりする可能性も高くなるため、長期的にみると、天然歯とインプラント双方にトラブルが起こる可能性が高い治療といえます。こうした観点から、治療後にも定期的な噛み合わせのチェックが必要になりますので、メンテナンスの回数も多くなり、その費用も必要になってきます。

天然歯とインプラントの違いも重要

天然歯とインプラントの違いも重要

インプラントは、見た目や噛む力は天然歯と良く似ていますが、歯の構造自体は天然歯とは大きく異なります。天然歯には歯根膜という噛んだ時の力を分散させ自然と骨全体の負担を軽くする役割がありますが、インプラントにはこの歯根膜は存在しません。つまり、噛んだ時の力は分散されずに、すべて吸収されてしまいます。チタンなどの構造物を介して骨と結合していますが、直接的に結合しているわけではありません。そのため、天然歯とインプラントをブリッジにすると他の歯や骨にかんだ時の力がおかしな伝わり方となり、健康な歯やインプラントの症状をも悪化させてしまう可能性があります。

治療を行う場合にはしっかりとしたケアとメンテナンスを

インプラントは、治療の方法から第二の永久歯と呼ばれることがあります。実際に失われた歯を元通りにする方法としてはほかの歯科治療法にはない働きがあるとも言えます。とはいえ、天然の歯とは性質も異なりますので、もし天然歯とのブリッジ治療を施すのであれば、歯科医師と相談してしっかりとしたケアやメンテナンスを行うようにしましょう。