天然歯の白さにどこまでも近づける!セレック治療に使用する物

歯の詰め物や銀歯が1日で生まれ変わる、魔法のような技術のセレック。そのスピーディーさゆえに、忙しいビジネスマンや子育て中の人でも気軽に治療が受けられるようになっています。では、そんなセレック治療にはどんな素材が使われているのでしょうか?

セラミックでできた「セラミックブロック」を使用

セラミックでできた「セラミックブロック」を使用

セレック治療ではセラミックを固めたセラミックブロックを使用します。セラミックは本物の歯に一番近い素材と言われており、審美性にも優れている上に身体への影響が最も少ないのが特長です。
従来のセラミックは、歯科技工所で水に溶いたセラミックを塗り重ねて歯の形を作る「筆盛り」という技法で作られたものを使っていました。しかし、この技法では強度に問題があったのです。セラミックブロックであれば、固めて焼成しているので強度も高く、より耐久性にもすぐれた修復物ができます。

従来の金属の修復物には問題がさまざま

保険診療がきく範囲で歯の詰め物などを作ろうとすると、金属が使われることが一般的ですよね。しかし、金属の場合は耐久性が低い上に、金属アレルギーを引き起こす原因にもなるのです。また、見た目にも目立ってしまい、自信を持って笑うこともできなくなります。
また、口の中が酸性になると、詰め物などから金属イオンが口の中に溶け出してごく微量の電気が流れます。すると、「なんだか疲れやすい」「身体がだるい」といった不定愁訴につながることもあるのです。不定愁訴の原因が金属の詰め物にあるなんて、想像もつきませんよね。

セレック治療を受けて、白い歯と元気を取り戻そう!

セレック治療を受けて、白い歯と元気を取り戻そう!

セレック治療では、歯科医が治療を始める前に患者さんの歯の色にあったセラミックブロックをセレクトするので、質感や舌触りについてもより天然歯に近い修復物を作ることができます。また機械で精巧に作られているので、装着時の違和感もありません。
さらにセレックは金属を使わないメタルフリーの素材で作られているため、修復物をセレックに変えるだけで、金属アレルギーや不定愁訴を改善できることもあるのです。これは体調がすぐれず悩んでいた方にとっては画期的なことではないでしょうか。

セレック治療はまだ現段階では保険適用外になってしまいますが、金属の詰め物や銀歯を使われている方は、一度セレック治療の技術をおこなっている歯医者に問い合わせてみてはいかがでしょうか。実際に来院して治療を受けてみれば、天然歯に限りなく近い仕上がりにきっと誰もが目を見張ることでしょう。